「アスパルテーム」とはなんですか?

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物で、2つのアミノ酸が結びついた低カロリーの甘味料です。

アスパラギン酸とフェニルアラニンという2つが結びついてできたものです。甘さは砂糖の約200倍もあり、ある甘さにするために使用する量が砂糖の1/200でよいため低カロリーとなります。アスパルテームは1965年(昭和40年)に発見され、1981年にFDA(米国食品医薬品局)で食品添加物として安全性が確認されました。
日本では1983年8月に厚生省(現厚生労働省)が食品添加物として認可。現在、アメリカ、カナダ、イギリスをはじめ世界100カ国以上でその安全性や有用性が認められ、清涼飲料や各種デザートの甘味料として広く使われています。

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【原料・成分の関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ