緑茶、ウーロン茶、紅茶の違いはなんですか?

緑茶、ウーロン茶、紅茶の違いは「発酵度合いの差」です。

緑茶、ウーロン茶、紅茶などのお茶は、全て学名が「カメリアシネンシス」というツバキ科の茶の樹からできています。
この樹の生葉を乾燥・発酵させてつくる際、発酵度合いによって、緑茶、ウーロン茶、紅茶などさまざまな種類のお茶になります。

茶葉は発酵が進むにつれて、成分のカテキン(タンニン)が酸化し、赤くなっていきます。後発酵茶とは、麹菌によって緑茶を発酵させ、さらに熟成させる、独特のプロセスによって生産されるお茶。
<補足>
黄茶・白茶の読み方は以下になります。
・黄茶(きちゃ/ファンチャ)
・白茶(しろちゃ/パイチャ)

<サントリーのお茶製品>
◆緑茶
『伊右衛門』

◆ウーロン茶
『サントリー烏龍茶』

『黒烏龍茶』

◆紅茶
『リプトン』

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【お茶飲料の関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ