「ウーロン茶ポリフェノール」とはなんですか?

お茶の葉が元来持つ「ポリフェノール」が半発酵により2~10個程度結合して生まれるウーロン茶特有の「ポリフェノール」です。数百種に及ぶ「ポリフェノール」を含むことが特徴です。

お茶には「ポリフェノール」が多く含まれており、中国では薬として飲まれていたことが古い文献に残っています。緑茶、紅茶、ウーロン茶はすべて同じお茶の木から作られますが、発酵の度合いによって色や香り、味の違いが生まれます。ウーロン茶は適度に発酵を進める半発酵茶で、その過程で「ウーロン茶ポリフェノール」という独特の成分を生み出します。
最近では、この「ウーロン茶ポリフェノール」が、体の中でさまざまな働きをすることもわかってきており、体内のエネルギーの消費や中性脂肪の燃焼を促す、血中のコレステロールを抑制するなどの研究発表もされています。

『サントリー烏龍茶』のブランドサイトはこちらから

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【サントリー 烏龍茶の関連FAQ】

Q&Aを探す

このページを共有する

お酒に関する情報の共有は20歳以上の方に限られております。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.