缶コーヒーには「コーヒー」「コーヒー飲料」などの表示がありますが、どう違うのですか?

「コーヒー」には「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」に基づき、内容量100g中のコーヒーの生豆分量によって、いくつかの分類表記があります。

(1) 「コーヒー」:内容量100g中にコーヒー生豆換算で5g以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの

(2) 「コーヒー飲料」:内容量100gにコーヒー生豆換算で2.5g以上5g未満のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの

(3) 「コーヒー入り清涼飲料」:内容量100g中にコーヒー生豆換算で1g以上2.5g未満のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むもの

(4)「コーヒー入り炭酸飲料」:内容量100g中にコーヒー生豆換算で1g以上のコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分を含むものに二酸化炭素を圧入したもの


また、「カフェインレスコーヒー」とは、カフェインを90%以上除去したものをいい、コーヒー分としてカフェインレスコーヒーのみを使用したものについては、それぞれの名称の後に括弧を付して「カフェインレス」と表示しています。

(例)
カフェインレスコーヒーで作った「コーヒー」の名称は「コーヒー(カフェインレス)」
カフェインレスコーヒーで作った「コーヒー飲料」の名称は「コーヒー飲料(カフェインレス)」

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【コーヒー飲料の関連FAQ】

Q&Aを探す

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。

適正飲酒について

COPYRIGHT © SUNTORY HOLDINGS LIMITED.
ALL RIGHTS RESERVED.