ビールの大瓶の容量は、なぜ633mlなのですか?

ビールの大瓶の容量は、酒税法が制定された際、容量を正確にしようということから定められました。

1940年(昭和15年)3月に新しい酒税法が制定され、それまでビールに課せられていたビール税(ビールの生産量に応じて課税される税金)と物品税(物品の出荷される数量に応じて課税される税金)はビール税(ビールの出荷される数量に応じて課税される税金)に一本化されました。
当時のビールメーカーで使用しているビール大瓶の容量を調べたところ、一番大きなものが3.57合(643.9922ml)、一番小さなものが3.51合(633.168ml)でした。
そこで、1944年(昭和19年)に一番少ないものに合わせれば、それよりも容量の多い瓶も使うことができるということで3.51合(633.168ml)に定められました。
また、小瓶も同じような理由で334mlに決められています。

※画像をクリックするとブランドサイトに移動します。

サントリーおすすめの天然水仕込のビール
定番品
ザ・プレミアム・モルツ ザ・プレミアム・モルツ
ザ・プレミアム・モルツ
<香る>エール
ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール

こちらのQ&Aはお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

ご協力ありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。

【ビール・発泡酒・新ジャンルの関連FAQ】

Q&Aを探す

このページの先頭へ