English

  1. サンゴリアスTOP>
  2. スマイルカフェ >
  3. 2018年

スマイルカフェ

Day486
『2017年度 勇退選手』

みなさん、こんにちは!サンゴリーナちゃんです(*^-^*)

皆さんはすでにご存じかと思いますが、2017-2018シーズンをもって勇退することとなった選手が発表されました。この時期は本当に寂しい気持ちになります。

今回のわたしのスマイルカフェでは、勇退することとなった選手からファンの皆さんに向けたメッセージをお届けいたします!


まずは2010年にサンゴリアスに入り、8年に渡り活躍しサンゴリアスキャップは121。日本代表としても2011年と2015年のラグビーワールドカップに2大会連続で出場し、どちらも全試合に出場しました。サンゴリアスのラグビーには欠かせない存在だった日和佐篤選手です。

「8年間、温かいご声援をいただきありがとうございました。勝っている時も負けている時も、そしてまた勝った時も、いつもたくさん応援をしていただき、本当に感謝しています。サンゴリアスを離れることになりましたが、次のステージでも全力で頑張っていきたいと思います。8年間、本当にありがとうございました。」

日和佐選手にとって苦渋の決断だったと思いますが、サンゴリアスファミリーとして今後の活躍を願っています!


続いては、2009年から9年に渡り活躍しサンゴリアスキャップは59。トップリーグの試合に出場した翌日のトレーニングマッチにも出場するなど、チームを支えたユーティリティープレーヤー。フォワード、バックス問わず、チームの潤滑油的な存在でサンゴリアスの選手会長なども務めた、宮本啓希選手です。

サンゴリアスに入り9年が経ち、30歳を超えるまでプレーさせていただきましたし、その中でファンの皆さんからはいつも温かいお言葉をいただき、本当にありがとうございました。自分の9年間を振り返ると、一番学んだことは"常に変化をしなければいけない"ということです。9年間で色んな選手、監督、コーチと接し、いま自分は何を求められているのかを考えて取り組んでこられたからこそ、成長できたと感じています。サンゴリアスで学んだことを次のステージでも活かしていきたいと思います。今後ともサンゴリアスへの熱いご声援を宜しくお願い致します。」


続いては、2006年から12年という長い間サンゴリアスを支え、サンゴリアスキャップは歴代3位となる159。サンゴリアスのスクラムを築き上げ、年齢、ポジションを問わず、チームからの信頼は絶大。後輩からのイジりも受け入れてくれる懐の深さもある、青木佑輔選手です。

12年間、温かい応援ありがとうございました。12年の中で良いことも悪いこともありましたが、ファンの皆さんと同じ思いを分かち合えたことは良かったと思っています。2年前にチームソングができて、優勝の時にファンの皆さんと一緒にチームソングを歌うことができたことは、一番の思い出となっています。そこでファンの皆さんとも一体感が生まれたと思いますし、もっともっと良いチームになっていくんじゃないかなと感じました。これからもサンゴリアスに変わらず温かいご声援を宜しくお願いします。」


最後に、青木選手と同じく2006年から12年に渡りサンゴリアスを支え、サンゴリアスキャップは131。2010-2011シーズンから2シーズン、キャプテンとしてチームをまとめ3タイトルを獲得。2017-2018シーズンは試合に出場することはできませんでしたが、ラグビーに取り組む姿勢は多くの選手に影響を与えてくれた、竹本隼太郎選手です。

ファンの皆さんのおかげで、12年間で10回もの優勝を経験することができました。言葉ではなかなか伝えられないかもしれませんが、本当に皆さんからの応援に感謝しております。同期のアオさんよりは長くやろうとは思っていましたが、同じタイミングでの引退も悪くないかなと思います。2015-2016シーズンでチームを離れた同期の隆道(佐々木/日野自動車)と、来シーズン試合ができないことは申し訳なく思いますね。ファンの皆さんとは、勝った時に一緒になって喜べたことも思えていますし、決勝で負けてしまった時でも最後まで応援してくれて、試合後に労いの言葉をかけていただいたことは今でも覚えています。勝った時も負けた時も熱い応援をしていただき、本当にありがとうございました。これからもサンゴリアスに熱い応援を宜しくお願いします。」


以上の4選手に加え、ジョージ・スミス選手、デレック・カーペンター選手もチームを離れることとなりました。勇退する選手の皆さん、次のステージでの活躍を期待しています!

チームは現在オフに入っておりますが、この時期は3連覇に向けて、チームの1人1人が何をしなければいけないかを考える大事な時期となります。1人1人がしっかりと取り組み、万全の状態でチームが始動できるようにしていきたいと思います。

チーム始動まで少し間があきますが、連覇に向けてまたチーム一丸となり取り組んでいきますので、引き続き温かいご声援を宜しくお願い致します!

  • 一覧へ
  • このページの先頭へ