• 開催日時
    2018年12月16日(日) 15:00
  • 会場
    武蔵野の森総合スポーツプラザ

平成30年 天皇杯全日本バレーボール選手権大会 準々決勝

  • サンバーズ

    0

  • 18-25
    22-25
    23-25
  • 3

天皇杯全日本バレーボール選手権大会準々決勝。サンバーズは現在V.LEAGUEで2度対戦し、2戦ともフルセットの激戦を戦っているJTサンダーズと対戦した。
 第1セットの立ち上がり、サンバーズはミスでスタートしたものの、星谷のサーブから塩田がブロックで押さえ込み2-1。その後は、お互いに点数を重ねていくが、サーブミスなどで6-8とリードを許す。早く追いつきたいところであるが、ミドルブロッカー陣の攻撃を警戒されマークされると、コンビミスで6-9。すかさず、ムセルスキーのスパイクで得点するが、相手もサービスエースなどで応戦してくる展開。なかなか追いつけずにいると、再びサービスエースを奪われ11-16とリードを広げられる。この後も、自らミスを出してしまい、13-19となる。米山をピンチサーバーで投入するなど、流れを変えたいサンバーズだが、18-25で第1セットを先取されてしまう。
第2セットは出だしから流れを掴むべく、塩田のサーブで揺さぶりをかけスタートするが、相手の巧みなコンビネーションで切り返され1-2。ムセルスキーが高さを活かした角度あるスパイクを鋭角に打ち込み2-3。この後、4-5の場面でラリー中に会場の火災報知機が鳴り、試合が中断するというアクシデントが起こる。誤報だったため再開するとコート上の両チームの選手たちは、落ち着いて躍動する。この後、塩田の幅を使った攻撃やムセルスキーの意表をつく軟攻で得点し8-9。相手も追いつかせまいと気迫を見せてくる中ブロックにつかまり9-12。離されたくないサンバーズは、大宅の強烈なサーブから、レシーブで粘りを見せると相手のミスを誘い12-13。その後、藤中がブロックを決め、15-15と追いつき、ムセルスキーのサービスエースで17-16とついに逆転する。ここで引き離そうとするが、力みが生まれタッチネットが出てしまい、再び17-18と逆転を許す。サイドアウトの応酬となり、米山や小川を投入し、サーブで崩そうとするがミスも重なり、このセットも22-25と連取されてしまう。
後がなくなった第3セット、藤中が相手のコートに上手く落とすコントロールショットで1-1とすると、さらにワンタッチを取りムセルスキーの強烈なスパイクが突き刺さり2-1。この後、塩田のブロックや藤中の強烈なサーブから得点をし8-7とリードしてテクニカルタイムアウト。タイム明けには長いラリーを制し、10-8とリードする。しかし、ここからレセプションが崩れ、相手にダイレクトを決められるなど12-14とされてしまう。食らい尽きたいサンバーズは、ムセルスキーが連続で強烈なサービスエースを奪うなどで15-14とすると、星谷のブロックなどが出るも、互いに点数を取り合う展開になる。終盤に入り、つなぎのミスやタッチネット、サービスエースを奪われると、23-24とマッチポイントを奪われると、最後もレセプションがネットを越えてしまい、ダイレクトを決められ、セットカウント0-3でゲームセット。サンバーズは準々決勝で敗退となった。
 この試合でサンバーズの2018年の試合が終了した。現在、V.LEAGUは12勝1敗の1位、天皇杯ではベスト8。リーグ戦で好調を維持し首位に立っているだけに、ここでの敗戦は悔やまれる。しかし、ムセルスキーの加入により選手1人1人の役割分担が明確になり、チーム全体が成長し続けているサンバーズを他チームも警戒してくるであろう。
 サンバーズはV.LEAGUEでのファイナルの舞台に立つことを見据え、年末年始の練習で再度チームの戦い方を見直し、1月5日に再開するV.LEAGUEでは、首位攻防戦となるため何としても勝利し、弾みをつけたいものだ。

このページの先頭へ