美味しさ:世界初!3つのゼロのビールテイスト飲料

昨今の健康ブームなどの世情も背景に伸長しているノンアルコールビールテイスト飲料。
そういった中で、お酒は好きだけど、「アルコール」、「カロリー」、「糖質」を気にしながら飲むといった声もあります。しかしそれではせっかくの楽しみが半減します。
そこで、「アルコール」「カロリー」「糖質」を気にせずに、いつでもどこでも気兼ねなくビールのように飲めるものがあればおもしろいのではないかとの着想から、オールフリーの開発は始まりました。

目指した香味

当社でも、これまでにノンアルコールのビールテイスト飲料は販売していました。ご好評いただいていた一方で、麦感が強く、ややクセが目立ち、飲みづらいという声もいただいていました。
お客様がノンアルコールビールテイスト飲料に期待されている香味特長を改めて綿密に調査した結果、「ビールらしさ」はもちろんのこととして、「後味のすっきりさ」「キレ・刺激感」といったドリンカビリティーの高い(繰り返し何度も飲みたくなる)中味であることが重要だとわかりました。
また、お客様の中にカロリーや糖質への意識が高い方々が多いということも明らかとなりました。
そこでお客様が期待されている、カロリーゼロ*・糖質ゼロ*という機能と、「ビールらしさ」、「後味のすっきりさ」、「キレ・刺激感」という美味しさを両立した中味を目標に、我々は次のような取り組みを行いました。

原料へのこだわり

ビールらしさを実現するために上質なビール原料を厳選し、その配合バランスを最適化しました。
(1)麦汁の製造においては、糖類や食物繊維といった副原料は使用せず、粒選り麦芽だけを使用して麦の旨味を最大限に引き出しました。
(2)アロマホップを100%使用し、良質な苦味と香りを引き出しました。

製法へのこだわり

ビール造りの最も根幹にある技術要素をオールフリーの製造プロセスに盛り込みました。
(1)ビールらしい「後味のすっきりさ」を実現するために、一番麦汁だけを贅沢に使用しました。
(一番麦汁とは粉砕した麦芽を天然水と混ぜて糖化工程を経たもろみを濾過槽にて固液分離させる際、最初にでてくるエキス分の高い濾液のこと。渋味やエグミが少なく、後味のすっきりした味わいに適しています。二番麦汁とは、一番麦汁をとった後、もろみにお湯を振り掛けて洗い出された液のこと。
二番麦汁はお湯をかけられたせいで、エキス分が低下するとともに、麦芽の穀皮から渋みやエグミ成分が少なからず抽出されることがあります。)
(2)ビールのもつ「爽快な刺激感、味のシマリ感」を付与するために、ホップの苦味成分を抽出し、熱化学反応させる“麦汁煮沸工程”において、ビールと同様の煮沸条件を設けました。
(ホップがもつα酸という苦味成分を、煮沸による熱化学反応で異性化させiso-α酸に変換すると、後味に嫌な苦味が残らない良質なビールらしい苦味となり、グッときてスーッと消えるビールらしい味わいを楽しめます)。
これにより、キレと刺激感のあるホップ由来の爽快な苦味を実現することができました。
これらはビール造りにおいても実践されている基本的なプロセスですが、オールフリーではこうした基本を大切にして、従来のビールと同様に、ビール醸造技術にこだわってつくられています。

<オールフリー>「3つのゼロ」で広がる飲用スタイル

こうして生み出されたオールフリー。「アルコール」「カロリー」「糖質」を気にせずに、いつでもどこでも気兼ねなく飲んでいただけるものとして、これまでのビールテイスト飲料の枠組みを超えて、「新しい飲み方」が広まってゆくきっかけになりました。
ビールの愛飲者は、翌日の予定が気になるときや休肝日、また、海外ではごく当たり前に見かける休日のブランチや平日の息抜きに、アルコールが苦手な方は職場の仲間や家族、友人との飲み会などで、気分だけでも楽しみたいときに、非常に幅広くご愛飲いただける製品になりました。

このようにして開発者がこだわりをもってつくり出したオールフリー、是非ともお試しください。

※ビールテイスト飲料カテゴリーにおける 当社調べ
*栄養表示基準による

詳しい商品情報はこちら【ブランドサイトへ】

TOP