サントリーグループ企業情報

MENU

1899年

鳥井信治郎、大阪市西区靱中通2丁目に鳥井商店を開業し、ぶどう酒の製造販売を始める(2月1日)

創業者 鳥井信治郎

1907年

甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」発売

「赤玉ポートワイン」の広告

1921年

株式会社寿屋を創立

創立期の寿屋

1923年

山崎蒸溜所着工

京都郊外・山崎に、日本初のモルトウイスキー蒸溜所・山崎工場の建設着手、国産ウイスキー製造への第一歩をふみ出す

山崎工場の乾燥塔(1937年ごろ)

1929年

わが国最初の本格ウイスキー
「サントリーウイスキー白札」発売

「サントリーウイスキー白札」
発売時の広告

1930年

「オラガビール」発売

1931年

サントリーウイスキーを海外市場へ初輸出

1936年

山梨県に日本最大の自家ぶどう園(敷地面積約150ha)山梨ワイナリー(現 登美の丘ワイナリー)を開設

1937年

「サントリーウイスキー角瓶」発売

「サントリーウイスキー
12年もの角瓶」

1940年

「サントリーウイスキーオールド」の製造を発表するが、戦時に鑑み、発売を見合わせる

1946年

「トリスウイスキー」を、戦後改めて発売

1950年

1940年以来発売を見合わせていた「サントリーウイスキーオールド」を発売

「サントリーウイスキー オールド」

1955年

東京、大阪を中心としてトリスバー、
サントリーバーが続々と誕生

トリスバー

1956年

チェーンバー向けPR誌「洋酒天国」第1号発刊。
編集長は開高健

1960年

創業60周年記念ウイスキー
「サントリーウイスキーローヤル」発売

1961年

「トリスを飲んでハワイへ行こう」キャンペーン実施

サントリー美術館開館

サントリーウイスキーがアメリカで初のジャパニーズウイスキーとして登録認可

佐治敬三 2代目社長に就任

「トリスを飲んでハワイへ行こう」
キャンペーン広告

1963年

社名を「サントリー株式会社」に変更

サントリー初のビール工場、武蔵野ビール工場開設。
サントリービールを製造発売

「サントリービール」発売時の広告

1964年

「サントリーウイスキーレッド」発売

高級ワイン「サントリーシャトーリオン」発売

「サントリーウイスキー白札」を「サントリーウイスキーホワイト」に名称変更

1967年

「サントリービール〈純生〉」
「大瓶」「中瓶」「小瓶」発売

1968年

〈純生〉の缶ビールを発売

1969年

サントリー音楽財団設立

ビール第2の生産拠点、桂ビール工場
(現 京都ビール工場)開設

「サントリーウイスキーリザーブ」発売

1970年

大阪万国博覧会サントリー館オープン

メキシコ市中心街に初の日本式レストラン
「レストランサントリー」開店

大阪万国博覧会サントリー館オープン

1972年

「金曜日はワインを買う日」のキャンペーン実施

「金曜日はワインを買う日」のCM。
ワインブームに火がつきました

1973年

白州蒸溜所開設

サントリーオープンゴルフトーナメント開催(2007年で終了)

中央研究所(現 研究センター)竣工

1975年

山梨ワイナリー(現 登美の丘ワイナリー)において、日本で初めて「貴腐ぶどう」を収穫

1978年

メロンリキュール「MIDORI」をアメリカで発売

貴腐ワイン「サントリーシャトーリオン(ノーブル・ドール)」「同(ノーブル・ダルジャン)」発売

メロンリキュール「MIDORI」

1979年

サントリー文化財団設立

白州蒸溜所内にサントリーウイスキー博物館完成

医薬事業部、サントリー生物医学研究所設立

Page top