サントリー ワイン スクエア

岩田 渉(いわた わたる)プロフィール

1989年愛知県生まれ。同志社大学在学中、留学先のニュージーランドでワインに魅了され、2014年にソムリエ資格を取得。2017年「第8回全日本最優秀ソムリエコンクール」優勝。2018年「第4回A.S.I.アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール」優勝。2019年よりサントリーワイン・ブランドアンバサダー。京阪グループのフラッグシップホテルTHE THOUSAND KYOTOのシェフソムリエを務める。現在、いま日本で最も注目されるソムリエの一人。

サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン

2020.06.16記事: 岩田渉(アンバサダー)

(写真はボルドー観光局HPより)

皆様、こんにちは!サントリーワイン・ブランドアンバサダーのソムリエ岩田です。
6月に入り、夏らしい陽気も感じられるようになってきました。私が初めてフランスに行った時も6月でした。ソムリエになることを志し、大きなバックパックを背負って初めてのヨーロッパに。ワインの「ワ」の字も知らないような、24歳の私が真っ直ぐ向かった先はボルドーでした。

ちょうどこの記事を書いている日も同じような天気でした。カラッと晴れた雲ひとつない青空の下、気がついたら、大西洋を真向かいに構えるアルカションの海辺のレストランへ行き、地元で取れた新鮮な牡蠣やシュリンプカクテルを頬張りながら、地元ボルドーのソーヴィニヨン・ブランでつくられた、銘柄もわからないカラフェに入ったフレッシュで爽快感のあるワインを飲んでいました。これからのソムリエとしての未来像、どんなソムリエになりたいのか、そういったことをぼんやりとしながらも、想い描いていた日のことを思い出しました。

サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブランを飲むと、あの日、海辺で飲んだ、気軽で、フレンドリーで、キリッとした爽やかな味わいというのが、その当時の記憶を蘇らせてくれます。

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランのように沢山のハーブやパッションフルーツのアロマが豊かな派手さはありませんが、ボルドーで地元の人から長年楽しまれているような、味わいの親しみやすさやフードフレンドリーなスタイルというのは津軽産ソーヴィニヨン・ブランならではの特徴であります。魚介の味わいを引き立てるレモンのようなフレッシュな酸味を基調とし、ライムやグレープフルーツのアロマティックな香りが食欲も刺激してくれます。また津軽という日本の中でも北に位置するエリアの冷涼な気候がその爽快さというのを更に際立たせてくれます。昨年に津軽訪問の記事も書きましたので、そちらも是非ご覧いただければと思います。

日本の気候は高温多湿で、ワイン用のぶどうの生育にとって、ヨーロッパやその他ニューワールドの国々と比べると簡単にはいきません。さらには収穫期には台風の被害があるなど、様々な困難の元にぶどうが育まれています。それを可能にするのも、地元のぶどう栽培家の方々の絶え間ない努力とパッションがあるからこそ、素晴らしい品質のぶどうが得られるのです。そして、それをワイナリーに運び、醸造のチームの皆で、その年にできる最高のワインをつくり上げていくのです。

私はソムリエですので、ぶどうを育てることはありませんし、同じようにワインをつくることもできません。ただ、そのワインが出来た背景やストーリーを、これから楽しんでいただくお客様の皆様にお伝えすることができます。ソムリエはそのようにつくり手とお客様の架け橋になる存在であります。

7年前の6月、ソムリエを志し、ヨーロッパに渡り、想い描いていたソムリエ像。ワインの1つ1つのストーリーをお客様の皆様に伝え、ワインというお酒だけが持つ「特別な幸福感」というのを多くの皆様に少しだけでも感じていただけるように、自分自身が持つその理想のソムリエ像に近づいていければと思います。私にとって、この津軽産ソーヴィニヨン・ブランというのは、なんだかソムリエになる前の自分を思い出させてくれる一本なのです。

2019年の津軽産ソーヴィニヨン・ブランがお披露目になりました。2019年は夏から収穫期の天候に恵まれたヴィンテージでもあります。日本ワインコンクールでも金賞を取るなど、日本を代表するこのソーヴィニヨン・ブラン。是非、多くの皆様に、楽しんでいただければと思います!

ソムリエ 岩田

サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2019

外観は全体的に淡いシルバーがかった透明感のある、レモンイエロー。
香りはアロマティックで、フレッシュ。
ライムジュース、グレープフルーツの皮のアロマが支配的。軽く潰したレモングラスのようなハーブや、濡れた石のようなミネラル感がアクセントに。
軽やかで爽快なアタック。フレッシュでレモンのような爽やかな酸味が口中を真っ直ぐ流れていく。余韻のほのかな苦味が全体の味わいを引き締める、コンパクトにまとまった味わいのワイン。

Suntory Japan Premium Tsugaru Sauvignon Blanc

2020.06.16

(Photo from the homepage of Bordeaux Tourism & Conventions)

Hi, everyone! It’s Wataru, sommelier and Suntory Wine Brand Ambassador.
Entering June, we now feel the first breath of summer. It was also June when I first went to France. I visited Europe for the first time, carrying a big backpack, aiming to be a sommelier. I, who was 24 years old back then, knew nothing about wine, headed straight to Bordeaux.

Just like now, the weather at the time was brilliant and fine with a cloudless blue sky. I remember drinking a crisp and refreshing wine made from locally grown sauvignon blanc grapes from an unlabeled carafe, while eating locally caught fresh oysters and a shrimp cocktail at a seaside restaurant in Arcachon facing the Atlantic Ocean, envisioning myself as a sommelier and thinking what sommelier I wanted to be.

Every time I drink the Japan Premium Tsugaru Sauvignon Blanc, its natural, amiable, crispy and fresh taste reminds me of the wine I had at the seaside restaurant and what I felt at the time.

Unlike New Zealand’s sauvignon blanc which is glaring and has a rich aroma of various herbs and passion fruits, the Tsugaru Sauvignon Blanc has a characteristic style with an affable, food-friendly taste, similar to those that have long been enjoyed by locals in Bordeaux. It has lemony fresh sourness that highlights the taste of seafood and stands out above all other flavors. The aroma of lime and grapefruits stimulates the appetite. The cool climate of Tsugaru, located north of Japan, further accentuates the freshness. If you are curious, feel free to read my other article I wrote about my visit to Tsugaru last year.

Japan has a climate of high-temperatures and high-humidity which is less suitable, compared to Europe and other new world countries, for growing grapes for wine. In addition, Japanese grape producers face various problems such as typhoons during the harvesting season. Local grape producers’ relentless efforts and passion make it possible to produce grapes of high quality. They bring these grapes to a brewery team for them to create the best wine of the year.

As a sommelier, I do not grow grapes or make wine. But I can tell you readers the background and story behind wine making. Sommeliers are a bridge between wine makers and consumers.

In June, seven years ago, I went to Europe to become a sommelier. To communicate stories of wine and have you experience the special sense of happiness that only wine gives, I will work hard to be an ideal sommelier. To me, the Tsugaru Sauvignon Blanc is a wine that reminds me of myself who was aspiring to become a great sommelier.

The 2019 Tsugaru Sauvignon Blanc has been unveiled. This is a vintage wine blessed with great weather during the harvesting season. This sauvignon blanc that has won gold in Japan wine contest represents Japan. I hope all of you can enjoy it!

Suntory Japan Premium Tsugaru Sauvignon Blanc 2019

Pale transparent silvery lemon yellow.
The flavor is aromatic and fresh.
The aroma of lime juice and grapefruit skin stands out above all other aromas. Fresh mineral notes, reminiscent of wet stone, and an aroma of lightly squashed lemon grass create a nice accent to the wine.
A light and refreshing attack. Lemony fresh sourness flows straight inside the mouth. Lingering bitterness tightens the overall palate. It’s a wine with a compact taste.