サントリー ワイン スクエア

岩田 渉(いわた わたる)プロフィール

1989年愛知県生まれ。同志社大学在学中、留学先のニュージーランドでワインに魅了され、2014年にソムリエ資格を取得。2017年「第8回全日本最優秀ソムリエコンクール」優勝。2018年「第4回A.S.I.アジア・オセアニア最優秀ソムリエコンクール」優勝。2019年よりサントリーワイン・ブランドアンバサダー。京阪グループのフラッグシップホテルTHE THOUSAND KYOTOのシェフソムリエを務める。現在、いま日本で最も注目されるソムリエの一人。

かみのやま産シャルドネと春の食材とのマリアージュ

2020.03.26記事: 岩田渉(アンバサダー)

ソムリエの岩田です。
今回は今までに登場していなかった産地と、そのワインについてご紹介いたします。私の大好きなワインの1つ「サントリージャパンプレミアム産地シリーズ」の「かみのやま産シャルドネ」です。

まずは上山(かみのやま)についてご説明いたします。畑は山形県南部に位置し、周りを蔵王連峰に囲まれ、標高が200-450mのエリアに広がる産地です。特に特筆すべき点としては、9月の入るとその標高の高さにより、昼夜の寒暖差が大きくなり、ぶどうはゆっくりと成熟していきます。その過程においてぶどうはしっかりと酸を保持しながら、複雑な香りを蓄積させていくのです。これにより、凝縮感があると同時に、フレッシュな酸が調和した高品質のぶどうが得られますので、必然的にそのぶどうでつくられるワインも高品質になります。

上山産シャルドネのぶどう

2018年のシャルドネは非常にバランスよく、季節や食事を選ばない汎用性の高いワインで、自然と毎日飲みたくなります。特にこの「かみのやま産シャルドネ」は熟成をさせる時も、樽などを使わずにステンレスタンクで熟成させていますが、それによってシャルドネというぶどう本来のピュアな味わいが全面的に出ます。同時に非常に透明感ある味わいが、豊かな自然環境に包まれた「かみのやま」の山がもたらす涼しいテロワールを感じさせてくれます。

これからの季節ですと、桜鯛のカルパッチョや、筍の天ぷらなど、春が旬の食材と合わせて楽しんでいただけますが、あらゆるシチュエーションで楽しんでいただける多様なワインです。

また「かみのやま」シリーズからは白ワインだけでなく、メルロとカベルネ・ソーヴィニヨンそれぞれからつくられた赤ワインがあります。それらのワインも品種個性がしっかりと感じられ、土地の風情が詰まったワインですので、ぜひ皆さまもお楽しみください!

淡いレモンイエローの外観で透明感がありクリアな印象。
香りの第一印象はピュアで繊細。フレッシュな洋ナシ、白桃、青リンゴを思わせる香りに、白いお花やフレッシュなスライスアーモンドのような香り、かすかに濡れた石のようなミネラル感もある。
柔らかく優しいアタック。アルコール度数も12%と穏やかでしっかりと液中に溶け込み、軽やかで持続的な伸びやかな酸味と調和し一体感を生む。柔和なテクスチャーが、飲みやすさを与えている。

Kaminoyama Chardonnay

2020.03.26

Hi everyone! In today’s column, I will introduce a wine region of Japan that has not been featured so far. The wine of Chardonnay produced in Kaminoyama from the Suntory Japan Premium series, which is one of my favorite wines.

First, let me explain about Kaminoyama.
The vineyard is located in southern Yamagata prefecture, surrounded by the Zao mountain range, and stretches from an elevation of 200 meters to 450 meters. What is particularly worth mentioning is that in September, the temperature difference becomes large between day and night in the high elevated region, which allows grapes to ripen slowly and develop a fully complex flavor, while maintaining the natural acidity. The day-night temperature difference produces high quality grapes with high aromatic concentration and a well-balanced combination of tightly condensed acidity and fresh acidity, so naturally wines made from the grapes are also high quality.

Kaminoyama Chardonnay

The Chardonnay 2018 is well balanced and has high versatility and matches any season and food. The wine makes you want to drink every day. This Kaminoyama Chardonnay, which is matured in stainless tank, not in oak, offers extraordinary pure aromas of the grape. The wine with extremely transparent flavors also expresses its terroir of the cool-climate Kaminoyama mountains surrounded by a rich natural environment.

In the coming season, the wine can be enjoyed with seasonal delicacies, such as carpaccio of cherry bass and deep-fried bamboo shoots, but this style of wine is versatile and can be enjoyed in any situation, at any time and in any place.

The Kamiyama series includes not only white wine, but also merlot and cabernet sauvignon. Each variety of these wines has their own characteristics and tasting them takes you to the regions where they are grown. So please try for yourself!

The wine has a pale lemon-yellow color and is clear and transparent.
The first impression of the flavor is pure and delicate.
It has notes of fresh pears, white peaches, green apples, white flowers, freshly sliced almonds, and has a faint aroma of minerals such as wet stones.
On the palate, it has a soft and gentle attack. The 12 percent alcohol in the wine blends well with the wine, harmonizes perfectly with the acidity which is light and lasts long on the palate, creating a sense of unity. The soft texture makes the wine easy to drink and is excellent.