製造工程

グレーンウイスキー製造フロー

グレーンウイスキー製造フロー
工程1

粉砕

原料となるトウモロコシなどの穀物を粉砕機で細かくします。
その後ふるい機にかけ、粗い物は再度粉砕機にかけます。
最終的に粉が均一になるように仕上げます。

とうもろこし 粉砕とうもろこし
工程
2

仕込み(蒸煮・糖化)

砕いたトウモロコシは複数段のパイプを経由させながら蒸煮・糖化を行います。
砕いたトウモロコシを下段のパイプの中で加圧蒸煮、その後圧力開放し、上段のパイプを利用して冷却し、麦芽を加えて糖化します。

工程2 仕込み(蒸煮・糖化)
工程
3

発酵

糖化を終えた後に微生物の酵母を加え、発酵をさせてアルコール度数約10%の発酵もろみをつくります。

工程3 発酵
工程
4

蒸溜

発酵もろみを連続式蒸溜機で蒸溜します。塔に送られたもろみは蒸気で加熱され、最終的に無色透明のグレーンウイスキーに仕上がります。使用する塔の数によってタイプの違う3種類のウイスキー原酒をつくり分けています。知多蒸留所には貯蔵の設備が無いため、その後原酒はサントリーの貯蔵庫へ出荷され貯蔵されます。

工程4 蒸溜

業務内容

生産部

蒸溜設備の運転、点検、品質管理、工程管理、品質分析などを担当し、5年後、10年後を見据えたウイスキー原酒の需給計画に基づき、24時間体制で生産を行っています。

生産部

工務部

設備保全、工程改善、設備更新、メンテナンスなどを担当し、工事会社様と連携しながら、品質向上・安定品質・安定生産を支えています。

工務部

総務部

総務、人事、経理などを担当し、生産・工務のメンバーが高いパフォーマンスを発揮できるよう支援しています。

総務部

情報公開・開示

産業廃棄物処理施設の維持管理状況

廃棄物の処理及び清掃に関する法律の規定に基づき、維持管理に関する情報を公開します。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※工場見学やウイスキー等の販売は行っておりません。一般のお客様のご入場はできませんのでご了承ください。

サントリー知多蒸溜所株式会社

〒478-0046 愛知県知多市北浜町16番地