サントリー美術館

ルイ15世時代のフランスに誕生したセーヴル磁器製作所は、またたく間に技法・デザインともヨーロッパ磁器の最先端をゆく存在となりました。ポンパドゥール夫人、マリー・アントワネット、ナポレオンなど、時の権力者に愛され続けたセーヴル磁器は、現在もなおヨーロッパの世界的名窯のひとつの頂点に君臨しています。本展では「セーヴル陶磁都市」所蔵の貴重な名品によって、セーヴル磁器の華やかな魅力をご堪能いただきます。

image

六本木開館10周年記念展
フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年

2017年11月22日(水)~2018年1月28日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行なう場合があります。
※本展は大阪市立東洋陶磁美術館(2018年4月7日-7月16日)、山口県立萩美術館・浦上記念館(2018年7月24日-9月24日)、静岡市美術館(2018年10月6日-12月16日)へ巡回します。

2010年、国立セーヴル磁器製作所と国立セーヴル陶磁美術館が統合され「セーヴル陶磁都市」という新組織になりました。本展は、「セーヴル陶磁都市」の所蔵する名品・優品によって、およそ300年におよぶセーヴル磁器の創造の軌跡をご紹介する日本で初めての展覧会です。
国立セーヴル陶磁美術館のコレクション展が日本で開催されるのは、20年ぶりのことです。

1740年、パリ東端のヴァンセンヌに誕生した軟質磁器製作所は、フランス国王ルイ15世(1710-74)の庇護を受けてパリ西端のセーヴルへ移転し、王立磁器製作所に成長しました。
宮廷の彫刻家や画家たちが次々に考案する、洗練された形や絵柄。磁器というデリケートな素材の上に、いかなる形や絵柄も実現する、技術者たちの卓越した妙技。両者の真剣勝負が創り出すセーヴル磁器は、優雅で気品に満ち、またたく間にフランス内外の王侯貴族を虜にしました。以来、セーヴル磁器製作所は今日までヨーロッパ磁器の最高峰の一つに君臨しています。
本展は、セーヴルの「18世紀」「19世紀」「アール・ヌーヴォーとアール・デコ」「1960年代~現在」の4章で構成され、各黄金期の作品がかつてない規模で来日します。
驚くべきことに、セーヴルが協力芸術家として史上初めて受け入れた外国人は、日本の彫刻家・沼田一雅(ぬまたいちが・1873-1954)であり、現在も日本の著名な芸術家・デザイナーたちとのコラボレーションは続いているのです。本展ではセーヴルと日本の交流についても作品を通じてご紹介します。創立から現在まで、常に時代の先端であり続ける「磁器芸術」セーヴルの姿をお楽しみください。

▼主  催:サントリー美術館、TBS、朝日新聞社
▼企  画:セーヴル陶磁都市
sevres-logo

会期

2017年11月22日(水)~2018年1月28日(日)

※作品保護のため、会期中展示替を行なう場合があります。
※本展は大阪市立東洋陶磁美術館(2018年4月7日-7月16日)、山口県立萩美術館・浦上記念館(2018年7月24日-9月24日)、静岡市美術館(2018年10月6日-12月16日)へ巡回します。

開館時間

10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)

※11月22日(水)、1月7日(日)は20時まで開館
※12月29日(金)は18時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで

休館日

火曜日

※1月2日、9日、16日、23日は18時まで開館
※12月30日(土)~1月1日(月・祝)は年末年始のため休館
※shop×cafeは会期中無休

入館料
一般 当日 ¥1,300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1,000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 768-495(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 32058(前売・当日券共通)
セブンチケット:056-716(前売・当日券共通)
イープラスにて取扱い
※プレイガイドでの販売は一般券のみ
※前売期間は2017年9月16日(土)から11月21日(火)まで
※サントリー美術館受付での前売券販売は9月16日(土)から11月5日(日)までの開館日

割引

◇100円割引
・ホームページ限定割引券提示
・携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
・20名様以上の団体

※他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。