サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > 日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーン 2020~21シーズン Vol. 13~15
ニュースリリース
  • No.sh0309(2020/1/21)

日本フィル&サントリーホール
とっておき アフタヌーン 2020~21シーズン Vol. 13~15

上段左から 指揮:沖澤のどか©Taira Nishimaki 指揮:齋藤友香理 指揮:横山 奏©平舘平 ナビゲーター:高橋克典(Vol. 13, 15)
下段左から チェロ:佐藤晴真©ヒダキトモコ ハンサム四兄弟バリトン:宮本益光/加耒 徹/近藤 圭/与那城 敬©Kei Uesugi ピアノ:角野隼斗

オーケストラとホールが贈る、エレガントな平日の午後
2020~21シーズンは、気鋭の指揮者と多才なソリストが名曲でおもてなし

 サントリーホールと日本フィルハーモニー交響楽団は、平日のマチネでお届けするシリーズ「日本フィル&サントリーホール とっておき アフタヌーン」 2020~21シーズン(Vol. 13~15)2020年6月10日(水)、10月5日(月)、2021年2月3日(水)の3回(いずれも14:00開演)、大ホールで開催します。
 「とっておき アフタヌーン」は、クラシック音楽のコンサートを通して、平日の午後を優雅で豊かに過ごすライフスタイルを提案するシリーズです。3回の公演ごとの指揮者は、今後の活躍が期待される注目の沖澤のどか(Vol. 13)、齋藤友香理(Vol. 14)、横山 奏(Vol. 15)が務め、ソリストには、チェロ:佐藤晴真(Vol. 13)、「ハンサム四兄弟」バリトン:宮本益光/加耒 徹/近藤 圭/与那城 敬(Vol. 14)、ピアノ:角野隼斗(Vol. 15)を迎えます。マエストロの巧みなタクトで引き出される豊穣なオーケストラ・サウンドを、トーク付きでお楽しみいただきます。ナビゲーターはNHKのクラシック番組でお馴染みの俳優:高橋克典(Vol. 13, 15)と、2018~19シーズンで好評を博した加耒 徹を含むハンサム四兄弟(Vol. 14)が務め、クラシック音楽を初めて聴く方にも親しみやすく、奥深い音楽の世界をご案内します。
 また、お得なセット券やグループ割引のほか、コンサートの前後にThe Okura Tokyo、ANAインターコンチネンタルホテル東京でランチやティータイムを特別優待価格でご利用いただけるサービスや、コンサート前のリハーサル体験(事前申込制、無料)をご用意しています。子育て世代のお客様にも安心してお楽しみいただくことができるよう、託児サービス(事前申込制、有料)もご利用いただけます。

[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール 広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007 http://suntory.jp/HALL/
 日本フィルハーモニー交響楽団 広報部
  TEL 03-5378-6311 FAX 03-5378-6161 https://www.japanphil.or.jp/
[チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017 (10:00~18:00 休館日除く)
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
 日本フィル・サービスセンター TEL 03-5378-5911
 日本フィル eチケット♪ https://www.japanphil.or.jp/

― 記 ―

日本フィル&サントリーホール
とっておき アフタヌーン 2020~21シーズンVol. 13~15
JAPAN PHILHARMONIC ORCHESTRA & SUNTORY HALL
MATINEE CONCERT SERIES ON WEEKDAYS
“Totteoki Afternoon” 2020-21 season Vol. 13-15

【日時・出演・曲目】
Vol. 13 覇者たちの「今」を聴く
2020年6月10日(水)14:00開演(13:20開場)
指揮:沖澤のどか Nodoka Okisawa, Conductor
チェロ:佐藤晴真 Haruma Sato, Cello
ナビゲーター:高橋克典 Katsunori Takahashi, Navigator

ドヴォルジャーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
Antonín Dvořák: Cello Concerto in B Minor, Op. 104
ブラームス:交響曲第2番 ニ長調 作品73
Johannes Brahms: Symphony No. 2 in D Major, Op. 73

Vol. 14 ときめきが伝統に新風を吹き込む
2020年10月5日(月)14:00開演(13:20開場)
指揮:齋藤友香理 Yukari Saito, Conductor
歌&ナビゲーター:ハンサム四兄弟 Four Handsome Baritones, Singer & Navigator
 バリトン:宮本益光 Masumitsu Miyamoto, Baritone
 バリトン:加耒 徹 Toru Kaku, Baritone
 バリトン:近藤 圭 Kei Kondo, Baritone
 バリトン:与那城 敬 Kei Yonashiro, Baritone

“ハンサム”なバリトン・セレクション
“Handsome” Selections by Four Baritones
ビゼー:オペラ『カルメン』より 第1幕への前奏曲
Georges Bizet: Prelude to Act I from Carmen
ほか etc.

Vol. 15 クラシックの枠組みを超えた新感覚
2021年2月3日(水)14:00開演(13:20開場)
指揮:横山 奏 Kanade Yokoyama, Conductor
ピアノ:角野隼斗 Hayato Sumino, Piano
ナビゲーター:高橋克典 Katsunori Takahashi, Navigator

ガーシュウィン:『ラプソディー・イン・ブルー』
George Gershwin: Rhapsody in Blue
スメタナ:連作交響詩『我が祖国』より「モルダウ」
Bedřich Smetana: “Moldau” from Má vlast
ほか etc.

Vol. 13~15共通
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団 Japan Philharmonic Orchestra

プロフィールはこちら

【会場】サントリーホール 大ホール
【主催】日本フィルハーモニー交響楽団、サントリーホール
【協力】The Okura Tokyo、ANAインターコンチネンタルホテル東京

【チケット料金・発売】
(3公演セット券)
S¥14,400 A¥11,400(全席指定、消費税込)※B席の取扱いなし
先行発売
日本フィル各種会員、サントリーホール・メンバーズ・クラブ 2020年1月28日(火)10時~2月3日(月)
一般発売
日本フィル・サービスセンター、サントリーホールチケットセンターとも 2020年2月4日(火)10時~
※先行期間中はサントリーホール窓口での販売はございません。

(1回券)
S ¥5,500 A ¥4,400 B ¥3,300(全席指定、消費税込)

Vol. 13
一般発売 2020年2月19日(水)10時より発売
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売 2020年2月12日(水)10時~2月18日(火)
Vol. 14
一般発売 2020年6月23日(火)10時より発売
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売 2020年6月16日(火)10時~6月22日(月)
Vol. 15
一般発売 2020年10月13日(火)10時より発売
サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売 2020年10月6日(火)10時~10月12日(月)

※先行期間中はサントリーホール窓口での販売はございません。
※日本フィル各種会員向けの先行発売も同期間にて実施します。

サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017(10:00~18:00、休館日を除く)
日本フィル・サービスセンター 03-5378-5911(平日10:00~17:00)、FAX 03-5378-6161
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
日本フィルeチケット♪ https://www.japanphil.or.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード Vol. 13: 173-794 Vol. 14: 175-828 Vol. 15: 175-830】
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407 【Lコード Vol. 13: 35568 Vol. 14: 32393 Vol. 15: 32507】

(グループ割引)
3名以上で10%OFF(対象は1回券S、Aのみ)
*代表者による1回のお申し込みとなります。
*サントリーホールチケットセンター電話と窓口にて受付します。
 0570-55-0017(一般発売後の受付、10:00~18:00、休館日を除く)

◎託児サービス お子様お一人につき 2,000円(事前申込制)
イベント託児®マザーズにて、公演の1週間前まで受付。定員になり次第締切。
*事前に託児の空き状況をご確認のうえ、コンサートチケットをご購入ください。
*(株)マザーズは、0歳児保育一対一など、安心の体制が充実しています。
 申し込み先:0120-788-222(平日10:00~12:00、13:00~17:00) http://www.mothers-inc.co.jp/

◎サントリーホール&日本フィルのリハーサル体験
サントリーホールのホワイエ周りと、普段見ることができない日本フィルのリハーサルをコンサートの直前に体験できます。(各回開場前開催、定員25名、無料)
◆対象:公演チケットをお持ちの方
◆申込方法:ハガキに(1)~(6)をご記入の上、下記までお申し込みください。
 〒166-0011 杉並区梅里1-6-1「日本フィルとっておきアフタヌーン」係
 (1)氏名(2)公演日(3)座席番号(参加人数分)(4)住所(5)電話番号(6)メールアドレス
◆Vol. 13申込締切:2020年5月11日(月)必着。応募者多数の場合抽選。(Vol. 14・15も募集予定)
◆結果発表:当選者のみに詳細を郵送します。

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/


【プロフィール】

■指揮:沖澤のどか Nodoka Okisawa, Conductor (Vol. 13)
東京藝術大学音楽学部指揮科、同大学院修士課程修了。ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン修士課程指揮専攻修了。第56回ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。同時に聴衆賞、オーケストラ賞を受賞。第18回東京国際音楽コンクール〈指揮〉優勝。指揮を高関健、クリスティアン・エーヴァルトほかに師事。

■チェロ:佐藤晴真 Haruma Sato, Cello (Vol. 13)
2019年、ミュンヘン国際音楽コンクールチェロ部門において日本人として初めて優勝。すでに国内外のオーケストラと共演を重ねており、20年はズヴェーデン指揮香港フィルとの日本ツアー、サンクトペテルブルク、ミュンヘン、バーゼルなど、国内外でオーケストラとの共演、リサイタルを予定。現在は、ベルリン芸術大学にてJ゠P. マインツに師事している。

■指揮:齋藤友香理 Yukari Saito, Conductor (Vol. 14)
桐朋学園大学、およびドレスデン音楽大学大学院にて指揮を学ぶ。2015年、ブザンソン国際指揮者コンクールにおいて聴衆賞、オーケストラ賞を受賞。翌年にはリール国立管弦楽団を指揮し欧州デビュー。17年、トーンキュンストラー管弦楽団を指揮、18年にはバイエルン州立歌劇場にて音楽監督キリル・ペトレンコのアシスタントを務める。

■歌&ナビゲーター:ハンサム四兄弟 Four Handsome Baritones, Singer & Navigator (Vol. 14)

■バリトン:宮本益光 Masumitsu Miyamoto, Baritone
東京藝術大学卒業、同大学院博士課程修了。二期会『ドン・ジョヴァンニ』や、神奈川県民ホールおよび二期会『金閣寺』での主演をはじめ、新国立劇場『鹿鳴館』、日生劇場『メデア』など話題のオペラで活躍。執筆、企画、演出などでも多彩な才能を発揮し、創造性あふれるステージで聴衆を魅了。MOZART SINGERS JAPAN主宰。二期会会員。

■バリトン:加耒 徹 Toru Kaku, Baritone
東京藝術大学卒業、同大学院修士課程首席修了。二期会オペラ研修所を総代で修了。日生劇場『ドン・ジョヴァンニ』題名役をはじめ、同『コジ・ファン・トゥッテ』、二期会『金閣寺』などに出演。コンサートでも幅広く活躍。とっておきアフタヌーン2018~19シーズンではナビゲーターも務めた。二期会会員。

■バリトン:近藤 圭 Kei Kondo, Baritone
国立音楽大学卒業、同大学院首席修了。新国立劇場オペラ研修所修了後、ハンブルクへ留学。ドイツを拠点に、ハイドン『四季』、マーラー『さすらう若人の歌』、オルフ『カルミナ・ブラーナ』などに出演。国内でも、二期会『ドン・ジョヴァンニ』、新国立劇場『魔笛』、日生劇場『リア』などで活躍。二期会会員。

■バリトン:与那城 敬 Kei Yonashiro, Baritone
桐朋学園大学研究科修了。二期会および新国立劇場オペラ研修所修了後、渡伊。二期会『エフゲニー・オネーギン』題名役、『金閣寺』溝口役、北とぴあ国際音楽祭『ドン・ジョヴァンニ』題名役など、数々のオペラで主演。コンサートでもメンデルスゾーン『エリヤ』やブラームス『ドイツ・レクイエム』などで活躍。二期会会員。

■指揮:横山 奏 Kanade Yokoyama, Conductor (Vol. 15)
2018年東京国際音楽コンクール〈指揮〉で第2位および聴衆賞を受賞。一躍注目を集め、今後の活躍が大いに期待される若手指揮者である。札幌市出身。北海道教育大学を卒業後、桐朋学園にて学び、東京藝術大学大学院を修了。15~17年東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団指揮研究員。現在、全国各地のオーケストラで客演を重ねている。

■ピアノ:角野隼斗 Hayato Sumino, Piano (Vol. 15)
1995年生まれ。2018年、ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞をきっかけに、本格的に音楽活動を始める。19年、リヨン国際ピアノコンクール第3位。現在東京大学大学院2年生。国内外でコンサート活動を行う傍ら、“Cateen(かてぃん)”名義で自ら作編曲および演奏した動画をYouTubeにて配信し、総再生回数は1000万回を突破。

■ナビゲーター:高橋克典 Katsunori Takahashi, Navigator (Vol. 13, 15)
神奈川県横浜市生まれ。1993年『抱きしめたい』で歌手デビュー。その後、俳優としても活躍。代表作に主演ドラマ『サラリーマン金太郎』『特命係長 只野仁』『庶務行員 多加賀主水』など。他の作品でも多彩な演技でストーリーを支え、幅広いファン層に支持されている。2020年大河ドラマ『麒麟がくる』に織田信秀役として出演。両親は共に音楽家で、小学生の頃はピアノとトランペットに親しんだ。2017年4月よりEテレ『ららら♪クラシック』のMCを務めている。

■管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団 Japan Philharmonic Orchestra
1956年6月創立、楽団創設の中心となった渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。創立60年の歴史と伝統を守りつつ、“音楽を通して文化を発信”という信条に基づき、「オーケストラ・コンサート」、「エデュケーション・プログラム」、「リージョナル・アクティビティ」という三つの柱で活動を行っている。現在、首席指揮者にピエタリ・インキネン、桂冠指揮者兼芸術顧問アレクサンドル・ラザレフ、桂冠名誉指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹という充実した指揮者陣を中心に演奏会を行っている。2011年4月より、ボランティア活動「被災地に音楽を」を開始。19年12月末までに293回を数え、現在も継続している。
オフィシャル・ウェブサイト:https://www.japanphil.or.jp/

以上

 

Page top