サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > 森と水をテーマにした自然体験プログラム サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」募集開始

PDF版はこちら

ニュースリリース
  • No.14167(2022/6/2)

森と水をテーマにした自然体験プログラム
サントリー水育(みずいく)「森と水の学校」募集開始

― 3年ぶりに白州校、奥大山校、阿蘇校は現地で開催 ―
― オンラインならではのコンテンツでご好評のリモート校も開催 ―

 サントリーホールディングス(株)は、環境への取り組みの一環として実施しているサントリー水育「森と水の学校」の参加者を6月2日(木)から募集します。

 サントリー水育「森と水の学校」は、次代を担う子どもたちに、水を育む森のはたらきや水を守ることの大切さを伝え、自然を愛する心を育んでもらいたいという思いから、2004年より実施している自然体験プログラムです。昨年までの累計参加者数は約28,900名となりました。

 今年は、少人数での催行など感染症対策を徹底し、3年ぶりに「サントリー天然水」のふるさと、白州校(山梨県)、奥大山校(鳥取県)、阿蘇校(熊本県)の3カ所で現地開催します。加えて、自宅などからオンライン参加で楽しめるリモート校も開催します。リモート校は、参加いただいた保護者の方から「日本全国、遠隔地からの参加が可能なプログラムはとても良い企画だと思った。」「実際に森を感じる事ができ、ただ動画を眺めるだけではない工夫が凝らされていて、大人も楽しめた。」と一昨年の開始以来ご好評をいただいています。

 「水育」を通じて、未来に水を引きつぐために子どもたちの主体的な学びをさらに深めていきます。

●白州校、奥大山校、阿蘇校について
-白州校
サントリー天然水 南アルプス白州工場内の森を探検します。木々の緑や野鳥のさえずりを感じながら、白州の豊かな自然を体感します。
(後援:環境省、文部科学省、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会)

-奥大山校
ブナの森が広がる自然豊かな「天然水の森 奥大山」を冒険します。奥大山の広大な自然のなかでさまざまな体験をします。
(後援:環境省、文部科学省、鳥取県、鳥取県教育委員会、江府町、江府町教育委員会) 

-阿蘇校
自然豊かな「天然水の森 阿蘇」を思いきり探検します。森の中で豊かな湧き水を発見したり、生きものを探したり、自然のなかでさまざまな体験をします。
(後援:環境省、文部科学省、熊本県、熊本県教育委員会、熊本市、熊本市教育委員会)

●リモート校について
自宅にいながらリアルな森を感じて、水を育む自然の大切さを体感いただくことができる、オンラインならではの映像コンテンツとライブ配信を組み合わせた対話型のプログラムです。事前に送付する自然体感キットで、より理解を深める工夫をしています。

 

― 記 ―

▼開催日程
白州校:
各日2回(9:30-12:30、13:30-16:30)
7/30(土)、7/31(日)、8/6(土)、8/7(日)、8/11(木・祝)、8/12(金) 

奥大山校:
各日2回(9:30-12:30、14:00-17:00)
7/30(土)、7/31(日)、8/6(土)、8/7(日)、8/11(木・祝)、8/12(金) 

阿蘇校:
各日1回(9:00-15:30)
7/30(土)、7/31(日)、8/6(土)、8/7(日)、8/10(水)、8/11(木・祝) 

リモート校:
各日4回(9:00-10:00、11:00-12:00、14:00-15:00、16:00-17:00)
7/16(土)、7/17(日)、7/18(月・祝)、7/23(土)、7/24(日)、8/13(土)、8/14(日)、8/20(土)、8/21(日)、8/27(土)、8/28(日)

▼対象  小学校3~6年生と保護者 ※小学生のみの参加はできません

▼定員
白州校、奥大山校、阿蘇校 各回10名
リモート校 各回40名

▼参加費  無料 ※交通費、通信費等は、お客様のご負担となります 

▼申込について
2022年6月2日(木)から、予約用ホームページ(https://mizuiku.suntory.jp/gakko/)よりお申し込みください。

▼お客様からのお問い合わせ先
 サントリー水育事務局「森と水の学校」係
 TEL 0120-090-017(フリーダイヤル)
 受付時間 9:30~17:30 月~金(祝日を除く)

▼サントリー水育ホームページ
 https://suntory.jp/MIZU-IKU/

〈ご参考〉サントリー「水育」について
子どもたちに水の大切さを伝える次世代環境教育「水育」は、サントリー独自の学習プログラム(後援:環境省、文部科学省)で、小学校で行う「出張授業」と自然体験プログラム「森と水の学校」を中心に展開しています。子どもたちが、「水」や水を育む森などの自然の大切さに気づき、未来に水を引きつぐため、自分たちができることを自ら考えるきっかけや機会を提供しています。昨年までの参加者数は約210,100名(「出張授業」約181,200名、「森と水の学校」約28,900名)となりました。

 

以上

PDF版はこちら

画像ダウンロード

Page top