サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > 「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」産業労働局長賞を受賞
ニュースリリース
  • 〈ご参考資料〉(2019/10/9)
  • サントリーホールディングス株式会社

「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」産業労働局長賞を受賞

 サントリーホールディングス(株)は、9月11日(水)に東京都の表彰する「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」の産業労働局長賞を受賞しました。障がい者が職場でいきいきと活躍するための環境整備を評価いただいたものです。

 本賞は、東京都が、障がい者法定雇用率を達成している都内企業のうち、優良な取り組みを行う企業を選定し、「東京都障害者雇用優良取組企業」として「障害者雇用エクセレントカンパニー賞」を授与するものです。

 当社は、2015年4月から知的障がい者の雇用を開始し、2018年4月には、知的障がいをもつ社員と専属スタッフからなる部署「コラボレイティブセンター」を新設しました。特例子会社とは異なる枠組みでの障がい者雇用にチャレンジしており、現在知的障がいのある社員が16名活躍しています。

 今回の受賞は、
・社員との接点を大切にし、障がいのある社員とない社員が共に働く環境を整え、ダイバーシティ&インクルージョンを力強く推進していること
・全社で推進している働き方改革と連動し、サントリーグループのさまざまな部門や事業の業務を担いながら、活躍の場を着実に広げていること
・チーム制での業務遂行により、個々の自主性とチームワークを育み、一人一人がいきいきと働く定着率100%の職場を実現していること
などを評価いただきました。
※2019年10月1日時点

以上

Page top