サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > 「サントリー天然水」ブランドのダンボール包材が「FSC®認証紙」使用率100%を達成
ニュースリリース
  • (2019/2/26)
  • サントリーホールディングス株式会社
    サントリー食品インターナショナル株式会社

「サントリー天然水」ブランドのダンボール包材が「FSC®認証紙」使用率100%を達成

 サントリーグループは、国産商品※1においてFSC認証(FSCライセンス番号:FSC-C135057)を取得した紙製包材の採用を順次進めています。(ニュースリリースhttps://www.suntory.co.jp/news/article/12967.html参照)このたび、国内清涼飲料市場で2018年年間販売数量No.1※2になった「サントリー天然水」ブランド全商品のダンボール包材が、2月下旬製造分をもってFSC認証紙使用率100%を達成しました。

 さらに今年12月末までに、サントリー食品インターナショナル(株)、サントリービール(株)、サントリースピリッツ(株)※3商品のダンボール包材※4・6缶パック包装紙において、FSC認証紙使用率100%を目指します。

※1 サントリー食品インターナショナル(株)、サントリービール(株)、サントリースピリッツ(株)、サントリーワインインターナショナル(株)が対象

※2 飲料総研調査結果に基づく

※3 サントリースピリッツ(株)の対象は缶商品のみ

※4 仕切り・付属品を除く


 サントリーグループは、これまでも「2R+B」戦略※5に基づいた環境負荷の少ないペットボトルの開発やダンボールの軽量化・削減に努めるなど、容器包装においてさまざまな取り組みを進めてきました。今後も、企業理念に掲げる「人と自然と響きあう」の実現を目指し、グローバルな環境経営を推進するとともに、持続可能な地球環境を次世代に引き継ぐためのさまざまな環境負荷低減活動に取り組みます。

※5 樹脂使用量の削減と再生素材の使用により徹底した資源の有効利用を図りつつ、可能な範囲で石油由来原料を再生可能原料で代替していく考え方(Reduce・Recycle+Bio)


●FSC認証について
FSC(Forest Stewardship Council・森林管理協議会)は、責任ある森林管理を普及させることを目的とする国際的な非営利団体です。責任ある森林管理から生産される木材とその製品を識別し、それを消費者に届けることで、責任ある森林管理を消費者が支える仕組みを作っています。その認証は、森林の環境保全に配慮し、森林のある地域社会の利益にかない、経済的にも継続可能な形で生産された木材に与えられます。

▽サントリーグループの環境負荷低減活動
 https://www.suntory.co.jp/eco/teigen/

▽容器包装の取り組み
 https://www.suntory.co.jp/company/csr/activity/environment/reduce/resources/recycle/


以上

画像ダウンロード

Page top