活動の歩み

2003年。サントリー「天然水の森 阿蘇」でスタートした水を育む森づくり。
水と生命(いのち)の未来を守る森づくりの足跡をご紹介します。

2000

サントリー「天然水の森」企画開始

2003

サントリー九州熊本工場竣工。工場の水源涵養エリアに設定したサントリー「天然水の森 阿蘇」で水を育む森づくり活動スタート

社内に水科学研究所設立

2005

サントリープロダクツ(株)榛名工場、サントリー〈天然水のビール工場〉群馬・利根川の水源涵養エリアに「天然水の森 赤城」設定

「天然水の森」の活動理念をマニフェスト化

2006

サントリー天然水 奥大山ブナの森工場竣工
工場の水源涵養エリアに「天然水の森 奥大山」設定

2008

サントリー天然水 南アルプス白州工場、サントリー白州蒸溜所の水源涵養エリアに「天然水の森 南アルプス」設定

「天然水の森 赤城」拡大

2009

2011年までに「天然水の森」の水源涵養面積を
約7,000haに拡大する目標を設定
設定基準は“森が育む地下水の量>工場で使用する地下水の量”

自然にやさしく森にとけ込む作業道導入

2010

サントリープロダクツ(株)神奈川綾瀬工場の水源涵養エリアに「天然水の森 丹沢」設定

サントリープロダクツ(株)宇治川工場の水源涵養エリアに
「天然水の森 きょうと南山城」設定

サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野、サントリープロダクツ(株) 多摩川工場の水源涵養エリアに「天然水の森 奥多摩」設定

サントリースピリッツ(株)近江エージングセラーの水源涵養エリアに「天然水の森 近江」設定

サントリープロダクツ(株)高砂工場の水源涵養エリアに
「天然水の森 ひょうご西脇門柳山」設定

「天然水の森 阿蘇」から流れ出す金山川の扇状地で冬季湛水による水源涵養「冬水田んぼ」を開始

「天然水の森 奥大山」拡大

50年・100年後を見据えた森林整備のビジョンを明確にするために「ゾーニング」を徹底

2011

サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野、サントリープロダクツ(株)多摩川工場の水源涵養エリアに「天然水の森 東京大学秩父演習林プロジェクト」「天然水の森 東京農業大学奥多摩演習林プロジェクト」設定

「天然水の森」の総面積が約7,141haになり目標を達成

「水科学フォーラム(現「天然水の森フォーラム」)スタート

2012

サントリープロダクツ(株)木曽川工場の水源涵養エリアに
「天然水の森 ぎふ東白川」設定

サントリー〈天然水のビール工場〉京都の水源涵養エリアで
西山森林整備推進協議会の一員として2005年から続けてきた森林整備活動を強化するために「天然水の森 きょうと西山」設定

サントリー山崎蒸溜所の水源涵養エリアで
天王山周辺森林整備推進協議会の一員として
2005年から続けてきた森林整備活動を強化するために「天然水の森 おおさか島本」設定

目に見えない地形・森情報を知る「レーザー航測」導入

2013

「環境ビジョン2050」における2020年目標に基づき2020年までに「天然水の森」の水源涵養面積を約12,000ha*に拡大する目標を設定
設定基準は森が育む地下水の量>工場で使用する地下水の量の2倍
*国内各工場で推進する節水活動の進展を想定した推定値

サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野、サントリープロダクツ(株)多摩川工場の水源涵養エリアに「天然水の森 多摩源流小菅」設定

ワシ・タカ子育て支援プロジェクトスタート

2014

サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野、サントリープロダクツ(株)多摩川工場の水源涵養エリアに「天然水の森 とうきょう秋川」設定

社員による森林整備研修を開始

地下の水の流れを可視化する「ゲットフローズ・モデル」導入

2015

サントリーモルティング(株)の水源涵養エリアに「天然水の森 日光霧降」設定

「天然水の森 阿蘇」拡大

2016

サントリー山崎蒸溜所の水源涵養エリアで天王山周辺森林整備推進協議会が2005年から続けてきた森林整備活動を引き継ぎ「天然水の森 天王山」設定

2017

サントリー食品インターナショナルの委託製造先に新たに採水地と専用ラインを設けるにあたり、自社工場に準じる形で「天然水の森 しずおか小山」設定

2019

サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場の稼働に向けて
「天然水の森 北アルプス」設定

「天然水の森 奥大山」拡大
「天然水の森 南アルプス」拡大

目標より一年早く「天然水の森」の水源涵養面積約 12,000ha を達成

そしてサントリー「天然水の森」の
水と生命(いのち)の未来を
守る活動は続いていきます。
つねに、50年先、100年先を見つめながら。