• ボウモア

輝きは女神の微笑み。
麗しくベストバランスなアイラモルトの女王「ボウモア」」

グラスに「ボウモア」を注ぐ。
スモーキーでフルーティー、
そしてハチミツのような甘くエレガントな香りが浮遊する。
口にするとあたたかみのある麗しいコクが
舌に浸潤するかのようだ。
そして複雑微妙な味わいが幾重にも広がっていく。
洗練された気品、そして力強さ。
アイラモルトの女王にふさわしい香味だ。
いやあるいは、女王に姿を変えたアイラの女神が
宿っているのかもしれない。
女神は昼の眩い日射しの中では
白い鴎となって蒸溜所を見守り、
夜は蒸溜所の灯火となり、灯台かのように海を照らす。
風雨の強い日は貯蔵庫の樽たちに安らぎを与える。
「ボウモア」のボトルの輝きは女神が宿る証か。
長く繊細なキラキラと煌めくような味わいの余韻は
女神の微笑みか。
ウイスキーは火の酒。ケルト神話の炎を司る女神、
ブリギッド(ブリジッド)がもたらした
芳醇さなのかもしれない。

TOP

[ボウモア]はスモーキ―4シリーズの製品です。