サントリー文化財団

menu

人文科学、社会科学に関する学際研究への助成

日本と世界の学術・文化のさらなる発展に寄与することを目指して、
3つのプログラムの研究助成を行っています。

A .人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成(2月〜4月募集)
B .地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成(2月〜4月募集)
C .若手研究者のためのチャレンジ研究助成(10月〜11月募集)

A、B 募集概要

A.人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成

人文科学、社会科学の分野において、特定の専門分野に偏らないメンバーで構成された独創的で学術上意義の大きい学際的なグループ研究活動に対する助成。専門分野、所属、国を超えた研究メンバーによる研究活動を促進するため、助成金の使途を、会議費、会合費、旅費等に限ります。

B.地域文化活動の実践者と研究者によるグループ研究助成

地域文化活動に関する研究の振興と、これを通じて日本の地域文化活動の発展に寄与することを目的とし、地域文化活動を行っている人(実践者)と研究者による共同研究に対する助成。なお、地域文化活動とは、芸術や伝統文化だけではなく、歴史や文化を核にしたまちづくりや地域住民を巻き込んだ文化的なイベントなども含めるものとします。

※A、Bプログラムの併願はできません。

助成金額:
1件につき50万円から300万円の範囲で助成
助成期間:
8月〜7月
申請期間:
2月〜4月<2016年度は締め切りました>
助成決定:
7月頃

参考:2016年度の申請書・申請要項(PDF)

※申請の際は、必ず当年度の申請書類を使用してください。見本を流用した場合、申請を受付けません。

C 募集概要

C.若手研究者のためのチャレンジ研究助成

人文科学、社会科学の分野において、学問的な新しい地平を切り拓こうとする、意欲ある若手研究者の支援を目的とします。斬新な発想で取り組む、大きな展望を持った研究であると同時に、学術的・社会的に広がりのある研究を対象とします。

本助成は、専門領域からの飛躍を目指す若手研究者による、積極的なチャレンジをサポートするものです。助成期間中には、助成を受けた方々と異分野の識者が集まる研究報告会を行い、学際的な視野を広げ、相互研鑽の場を設けます。

助成対象:
原則として、35歳以下の若手研究者による
人文科学・社会科学分野の個人研究。
助成金額:
1件にあたり100万円を上限として、
原則申請額の満額を支給
助成期間:
4月〜3月
申請期間:
10月〜11月<2015年度は締め切りました>
助成決定:
3月頃

参考:2015年度の申請書・申請要項(PDF)

※申請の際は、必ず当年度の申請書類を使用してください。見本を流用した場合、申請を受付けません。

このページのトップへ

  • 研究助成
  • 海外出版助成
  • サントリー学芸賞
  • 調査研究
  • サントリー地域文化賞
  • 国際研究プロジェクト REEXAMINING JAPAN IN GLOBAL CONTEXT
  • MAGAZINE 鋭く感じ、柔らかく考える アステイオン
  • 地域文化 東奔西走 全国各地で引き継がれる地域文化活動を紹介
  • ブログ地域ナビ 全国のサントリー地域文化賞受賞活動の「今」をお伝えします。
  • サントリー文化財団Twitterへ

サントリー文化財団