サントリー文化財団

menu

サントリー文化財団トップ > 調査研究

調査研究

サントリー文化財団の自主的な調査研究活動

人文科学・社会科学の分野に関する国際的・学際的なテーマについて、サントリー文化財団が自主的に調査研究を実施する事業で、2011年度より始まりました。

その成果については、雑誌「アステイオン」への掲載や、印刷物の作成・頒布、シンポジウムの開催、ウェブサイト上での掲載などの方法により、広く社会一般に公表し、日本社会をはじめ世界に対し有意義な知見を提示してゆく予定です。

現在行っている調査研究

  • 堂島サロン
    主査:猪木 武徳(大阪大学名誉教授)
  • 地域文化の未来を考える
    主査:飯尾 潤(政策研究大学院大学教授)
  • 新しい地政学の時代における
    国際秩序を考える
    主査:北岡 伸一(国際協力機構理事長)
  • 天皇の近代
    主査:御厨 貴(東京大学名誉教授)
  • コモンズ
    主査:待鳥 聡史(京都大学教授)
  • 可能性としての「日本」
    主査:鷲田 清一(京都市立芸術大学学長)
  • 「知」の試み研究会(山崎塾)
    主査:山崎 正和(劇作家)
  • グローバルな文脈での日本(JGC)
    Reexamining Japan in Global Context
    主査:田所 昌幸(慶應義塾大学教授)
  • 美術史の時代は終わったか?
    主査:三浦 雅士(文芸評論家)

これまでに行った調査研究

サントリー文化財団