MENU

ROKU GIN ALIVE WITH THE SEASON OF JAPAN

English

日本の四季が生んだ六種の
和素材を使用した
ジャパニーズクラフトジン

桜花、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子。
日本ならではの六種のボタニカルを使用し、繊細な職人技で完璧な香味バランスを追求した
スムースな口当たりと上品な味わいが魅力です。

ジャパニーズクラフトジンROKU ボトル画像

ジャパニーズクラフトジンROKU

容量:700ml
アルコール度数:47%(日本)/ 43%(日本以外)
種類:スピリッツ
サイズ:100mm×89mm×204mm

ジャパニーズクラフトジンROKU ボトル画像 ジャパニーズクラフトジンROKU ボトル画像

ジャパニーズクラフトジンROKU

容量:200ml
アルコール度数:47%
種類:スピリッツ
サイズ: 68mm×61mm×142mm

TASTING NOTES

香り
桜や柚子などの日本の四季を感じられる華やかな香りが特長
味わい
爽快感と優しさをあわせ持ち、階層的でスムースなバランスに優れた味わい
余韻
ジン特有のキレに加えて、玉露、桜など日本のボタニカルならではの
優しい甘みをほのかに残す

ジャパニーズクラフトジンROKU〈SELECT EDITION〉 ボトル画像

ジャパニーズクラフトジンROKU
〈SELECT EDITION〉

ROKUならではの優れた香味バランスを保ちながら、
トップの桜の香りをより楽しめるように仕上げた
限定仕様です。

容量:700ml
アルコール度数:43%
種類:スピリッツ
サイズ:100mm×89mm×204mm
※空港免税店限定

素材BOTANICALS

日本の自然が育んだ、
六種の和素材

日本を代表するプレミアムジンを目指したROKUには、
豊かな日本の四季が育んだ6種の和素材を選びました。
これらの和素材は、最も良い状態にある“旬”の時期に収穫し、鮮度を保ったまま浸漬・蒸溜しています。
四季の実りが折り重なるようにして、ROKUの複雑で繊細な香味を生み出しています。

  • 桜花
  • 桜葉
  • 煎茶
  • 玉露
  • 山椒
  • 柚子
  • ジュニパー
    ベリー
  • コリアンダー
    シード
  • アンジェリカ
    ルート
  • アンジェリカ
    シード
  • カルダモン
    シード
  • シナモン
  • ビター
    オレンジ
    ピール
  • レモンピール

ベースにはトラディショナルな8種のボタニカルも使用し、
本格的なジンの味わいを形づくっています。

職人技CRAFTSMANSHIP

ROKUの豊かな香味を実現した、
日本の職人技

ROKUがつくられているのは、
形状の異なる4基の蒸溜器を備えた「スピリッツ・リキュール工房」。

桜の繊細な香りや柚子の深みのある味わいなど、各素材の良さを最大限に引き出すため、
職人たちは蒸溜器を使い分け、最適な蒸溜方法で原料酒をつくり分けています。
ボタニカルごとの特長に合わせて蒸溜した原料酒を、日本人ならではの繊細な感性でブレンドし、
ROKUの重層的かつスムースな味わいを生み出しています。

デザインDESIGN

日本の美意識をわせた、
ボトルデザイン

ROKUを象徴する六角形のボトルには、
六種のボタニカルの彫刻を施し、折り重なる香味のハーモニーを表現しました。
ラベルに用いたのは、日本の技と情緒を表現する和紙。
そこには荻野丹雪氏による、志を感じさせる力強い「六」の筆文字が颯爽と走っています。

愉しみ方PERFECT SERVE

グラスの中で華ひらく日本の四季

繊細でバランスのとれたROKUの香味は、多様な割材や素材との相性に優れています。
ソーダ割をはじめ、さまざまにアレンジしてみるのもオススメです。

  • ROKU ジンソーダ
  • ROKU ジントニック

ROKU ジンソーダ

ROKU ジンソーダ ボトル画像

ROKU ジンソーダ

すっきりと飲みやすい、
六種の和素材の香りが際立ちます。

  1. グラスにROKUを30ml注ぎます。
  2. 氷をグラスいっぱいに入れ、グラスのふちから
    ゆっくりとソーダを注ぎます。(150ml)
  3. マドラーをゆっくりとひと回しすれば完成です。
  4. トッピングもおすすめです。
    (レモン、うめ、わさび、しょうが、しそなど)

ROKU オリエンタル
ジントニック

ROKU オリエンタル ジントニック ボトル画像

ROKU オリエンタル
ジントニック

生姜のシャープな風味が
和素材の個性を引き出します。

  1. 針生姜を6本つくります。
  2. 氷とトニックウォーター120mlを入れたグラスに、
    針生姜とROKU30mlを加えます。
  3. マドラーをゆっくりと
    ひと回しすれば完成です。

RECIPE MOVIE

歴史HISTORY

ROKUに込められた、百年の想い

弱冠20歳の鳥井信治郎が、「日本人の手による、世界で愉しまれる洋酒をつくりたい」との想いから、
サントリーの前身である鳥井商店を開いたのは1899年のこと。
信治郎は幾多の苦難を乗り越えながら、ワイン、ウイスキー、ブランデーなど、
自らの夢を次々と現実のものとし、1936年、
サントリー初のジン「HERMES DRY GIN」を発売したのです。
その後も信治郎とその後に続く者たちは、浸漬・蒸溜・ブレンドなど、
今日にいたるまで多種多様な酒づくりの経験を営々と培ってきました。
その百年以上にわたる知見を余すところなく注ぎ込み、完成させたのがROKUなのです。
「いつか、日本人がつくった酒が世界中で愛される日を」
ROKUには、一世紀以上にわたり連綿と受け継がれてきた、想いが溶け込んでいるのです。

TOP