Liqueur & Cocktail

サントリーリキュールの歩み

日本にカクテル文化を花開かせ、新時代を創造

昭和初期の大阪工場

いつも新しい味わい、スタイルを届ける

リキュール工房のあるサントリー大阪工場が誕生したのは1919年(大正8)。当初の名称は築港工場でした。ここは甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」(現「赤玉スイートワイン」)の主力工場であるとともに、グレーンスピリッツをはじめとしたアルコール生産工場として重要な役割を担いました。 太平洋戦争後は数々のリキュールの名品やカクテルベースとなるスピリッツを誕生させ、サントリーは日本にカクテル文化を花開かせながら新しい飲酒スタイルを提案しました。 そして21世紀のいまも変わることなく、未来へとつながる香味の研究開発と愉しい飲み方訴求をつづけています。

主なリキュール開発とカクテルブームの変遷
サントリーの事業活動の原点となる甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」発売
大阪市港区に赤玉ポートワインの瓶詰め工場として築港工場を開設 (現在の大阪工場)
わが国最初のカクテルコンクール開催(寿屋開催)
「ヘルメス ドライジン」
「ヘルメス イタリアンベルモット」発売
*この頃は戦前のバー興隆期で、東京、大阪といった都市部ではカクテル人気が高まるが、ほとんどが輸入酒であり、国産本格ジン、ベルモットを製造し需要に応える
「ヘルメス ペパーミント」発売
*終戦の2年後にペパーミントリキュールを発売。以降、ヘルメスリキュールをシリーズ化
百貨店で「カクテル教室」を催し、洋酒のPRをはじめる
「ヘルメス ウオツカ」発売 『洋酒天国』発刊 
「ヘルメス ベビーカクテルセット」など、一般家庭向けのホームバーセットを各種開発
「銀座サントリーカクテル教室」を開設(東京・銀座)
サントリー初の梅酒「ヘルメス クレーム・ド・コーバイ」発売
貿易自由化により、世界各国のリキュールが輸入されるようになる
低アルコール酒(缶入りカクテル)発売
*低アルコール酒の先駆け
* 1960年代後半から70年代は第2次カクテルブームで、リキュールを使ったフィズ・カクテルが主流となる。またコンパ、マンモスバーといった大人数を集客できる大箱の店が流行する
アメリカでメロンリキュール「MIDORI」を先行発売し大ヒットとなる
*大好評を得て、世界的なリキュールへと成長していく
カクテル市場を狙ったトロピカルキャンペーン開始。若者や女性に受け、カクテルブームを引き起こす
南国的なプレミックスの瓶詰「トロピカル」カクテル発売し、一時品薄状態になるほどヒット
*第3次カクテルブーム
* 1970年代後半からトロピカルカクテルが日本に紹介されるようになり、80年代前半まで第3次カクテルブームを生む。1979年にはトロピカルカクテルキャンペーンを開始した
* 1982年には会社帰りの女性に喫茶店やカフェバーで気軽にカクテルを愉しんでいただくためにトワイライトキャンペーンを実施
会社帰りの女性に喫茶店やカフェバーで気軽にカクテルを愉しんでいただくために「トワイライトキャンペーン」を企画
瓶入り本格カクテル「ザ・カクテルバー」発売TVCM永瀬正敏シリーズ「愛だろっ、愛」が話題になる
*瓶入本格カクテルの登場で、家庭から居酒屋まで幅広いシーンにカクテルが広がり、第四次カクテルブームとなる
東京・帝国ホテルにおいて「'94サントリー ザ・カクテルコンペティション」(2004年、サントリー ザ・カクテルアワードに改称)を開催
ルジェ・カシス、カルーア、カンパリなど輸入リキュールを中心に自宅で手軽に愉しめるカクテルを訴求した「おうちカクテルキャンペーン」を実施
伸張するカクテル市場へ向けて、カロリー50%オフの「カクテル カロリ。」や『銀座千疋屋』とコラボレーションした「銀座カクテル」発売
*第5次カクテルブームが起こる。自宅で手軽に楽しめるキャンペーンや低アルコールの缶入りカクテルが登場し、第5次カクテルブームとなる
タレントのベッキーさんを起用し、「新しいカンパーイ!リッキー」をキャッチフレーズにしたRickeyという気軽な飲み方を提案して人気を呼ぶ。
*リキュール、ソーダ、レモンやフルーツの組み合わせで、スティックで果実をつぶしながら飲むスタイル