日本の洋酒を世界へ発信

日本にカクテル文化を
花開かせ、
新時代を創造しつづける

サントリーは1899年の創業以来、120年にわたり日本に洋酒文化を発信、浸透させるとともに、世界に愛される製品づくりをおこなってきました。現在もリキュールやスピリッツの香味開発はもちろん、カクテルの普及においても変わらぬ姿勢を貫いています。
サントリー創業者、鳥井信治郎は典型的な明治生まれの起業家といえるでしょう。彼は“洋酒報国”という言葉をよく口にしました。
かつて洋酒は、高価な舶来品。限られたセレブだけが口にする贅沢品でした。なんとか自分たちの手で優良な純国産品を生み、一般市民の口に馴染ませ、日本に洋酒文化を花開かせよう。そして貴重な外貨の流出を少しでも抑えて国に報いたい、という信念が信治郎にはあったのです。
1907年(明治40)。サントリーの洋酒づくりの原点、甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」(現「赤玉スイートワイン」)を誕生させました。以来、日本初の本格モルトウイスキー製造に心血を注ぐと同時に、国産ジン、ウオツカなどのスピリッツやさまざまな国産リキュールの開発にも情熱を傾け、高品質な製品を生み出します。

世界の名品を
日本に紹介するとともに、
ザ・ジャパニーズを
世界へ発信

一方で、海外のスピリッツやリキュールの名品を輸入し、日本に紹介してきました。世界の名品をメインにしたカクテルコンクール(現サントリー ザ・カクテルアワード)を開催してバー業界をバックアップしつづけています。わが国最初のカクテルコンクールを開催(1931)したのもサントリーです。さらには家庭へのカクテル浸透、普及にもチカラを注いできました。
サントリーが開発し、世界へ羽ばたいた製品としてはメロンリキュール「MIDORI」、またジャパニーズならではの抹茶リキュールなどがあります。近年ではボタニカルに日本の四季の恵みを生かした「ジャパニーズクラフトジン[ROKU]」が欧米を中心に大好評を得ています。
現在は伝統を守りながらも新感覚ともいえる、これまでお酒の世界には使われていなかった素材を生かしたスピリッツやリキュールの研究開発をおこなっています。信治郎が目指した洋酒の幅広い浸透と文化の創造の歩みが止まることはありません。
さあどうぞ。つくりの現場やこれまでの歩みをご覧ください。

サントリーの製品づくり

理想の環境で、自由な発想から生まれるリキュールとスピリッツ

  • 100周年を迎えた
    歴史ある
    サントリー大阪工場
    大阪・天保山にあるサントリー大阪工場が誕生したのは1919年(大正8)。2019年には創業100周年を迎えました。
    当初の名称は築港工場でした。甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」(現「赤玉スイートワイン」)の主力工場であるとともに、グレーンスピリッツをはじめとしたアルコール生産工場として重要な役割を担い建設されたものです。
    そして時代が移り変わるなかで数々のスピリッツやリキュールの名品を誕生させてきました。世界的に評価の高い「ジャパニーズクラフトジン[ROKU]」も大阪工場でつくられています。

  • 世界有数のクラフト蒸溜所
    「リキュール工房」
    サントリーのリキュールは、サントリー大阪工場に隣接されたクラフト蒸溜所「リキュール工房」でつくられています。
    この工房はタイプの異なる蒸溜釜(ポットスチル)を4基揃え、浸漬タンク、濾過機、仕込タンクなど最新鋭の設備を誇っています。リキュールの生命ともいえる香りと色のフレッシュさを損なうことなく最終工程まで無駄のない製造が可能な、理想的な工房です。
    30種類以上のリキュール原酒、50種類以上の製品の生産力を誇り、設備、生産品目数ともに世界有数の「リキュール工房」といえます。

  • 新感覚のリキュールづくり 人気の梅酒シリーズ、世界的な日本食ブームにより欧米で評価が高まっている「ジャポネ<抹茶>」、春の香を伝える「ジャポネ<桜>」、巨峰の旨味を凝縮した「クレームドキョホウ<巨峰紫>」など多くのファンを持つリキュールがこの工房から生まれています。
    抹茶リキュールには厳選された抹茶だけでなく高級煎茶の玉露もブレンドしたり、桜リキュールには小田原の八重桜に伊豆の大島桜の葉を使用したりと、高品質な素材の選定、風味の研究をつづけてきました。
    ウイスキーやブランデー、ビール、ワインなどお酒の世界は多彩ですが、こうしたお酒づくりとリキュールづくりが異なる点は、浸漬したりブレンドしたりする素材を自由に選べることです。お酒の世界にいまだかってなかった風味を世に贈ることも可能なのです。
    リキュールづくりは、テキストのない自由な世界。しかしながら自由だからこそ、苦悩も多いともいえます。それでも、サントリーのリキュール職人たちは苦闘しながらも楽しむことは忘れません。
    近年では「トマトのお酒 トマトマ」「オリエンス栗」「ミルミクス」などこれまでになかった新感覚のリキュールを次々に誕生させています。これは職人たちが自由な発想で香味研究に携わっている証しであり、また最高の環境があるからともいえるでしょう。
    新しい香味、飲酒スタイルを提案しつづけるために、いまを見つめ、未来へとつながる研究開発をつづけています。

カクテル文化創造の歩み

いつも新しい味わい、<br>スタイルを届ける

主な製品開発とカクテル文化の普及に関する変遷を、
わかりやすい年表でご覧ください。

1907(明治40)
甘味葡萄酒「赤玉ポートワイン」
(赤玉スイートワイン)発売
  • *創業(1899年、名称は鳥井商店)から8年。鳥井信治郎の高度なブレンド技術が生んだ、
    日本の洋酒史に燦然と輝くロングセラー。

1919(大正8)
大阪市港区に築港工場(現大阪工場)設立
  • *「赤玉ポートワイン」製造およびスピリッツ製造拠点となる。

1931(昭和6)
わが国最初のカクテルコンクール開催
  • *1930年代はカクテルを嗜む人が増え、サントリーはまず1931年に
    日本初のカクテルコンクールを開催。カクテルレシピを公募して、審査する形式。

1936(昭和11)
「ヘルメス ドライジン」
「ヘルメス イタリアンベルモット」発売
  • *この頃は戦前のバー興隆期で、東京、大阪といった都市部ではカクテル人気が高まるが、
    ほとんどが輸入酒であり、国産本格ジン、ベルモットを製造し需要に応える。

1947(昭和22)
「ヘルメス ペパーミント」発売
  • *終戦の2年後にペパーミントリキュールを発売。以降、ヘルメスリキュールをシリーズ化。
1954(昭和29)
デパートで「カクテル教室」を開催し、
洋酒のPRをはじめる
1956(昭和31)
「ヘルメス ウオツカ」発売
「洋酒天国」発刊

1958(昭和33)
「ヘルメス ベビーカクテルセット」開発
  • *家庭向けのホームバーセットが人気となる。1950年代はトリスバーで
    ウイスキーやカクテルに魅了された人たちが、自宅でもカクテルを愉しむようになる。
  • *戦後の第1次カクテルブームで、この後すぐにサントリーが開催するカクテル教室が大盛況となる。

1960(昭和35)
「銀座サントリーカクテル教室」開設
(東京・銀座)
1963 (昭和38)
「ヘルメス クレーム・ド・コーバイ」発売
  • *サントリー初の梅酒。
1969(昭和44)
貿易自由化
  • *世界各国のリキュール、スピリッツが数多く輸入されるようになる。
1974(昭和49)
「缶入りカクテル」発売
  • *低アルコール酒の先駆け。
  • *1960年代後半から70年代は第2次カクテルブームで、リキュールを使った
    フィズ・カクテルが主流となる。またコンパ、マンモスバーといった
    大人数を集客できる大箱の店が流行する。
1978(昭和53)
メロンリキュール「MIDORI」をアメリカで先行発売
  • *大好評を得て、世界的なリキュールへと成長。

1981(昭和56)
プレミックスの瓶詰「トロピカル」カクテル発売
  • *1970年代後半からトロピカルカクテルが日本に紹介されるようになり、
    80年代前半まで第3次カクテルブームを生む。
  • *1979年にはトロピカルカクテルキャンペーンを開始。
  • *1982年には会社帰りの女性に喫茶店やカフェバーで気軽にカクテルを
    愉しんでいただくためにトワイライトキャンペーンを実施。

1993(平成4)
「ザ・カクテルバー」発売
  • *瓶入本格カクテルの登場で、家庭から居酒屋まで幅広いシーンにカクテルが広がり、
    第4次カクテルブームとなる。

1994(平成5)
「サントリー ザ・カクテルコンペティション」開催 (東京・帝国ホテル)
  • *現「サントリー ザ・カクテルアワード」。

2001(平成13)
「おうちカクテルキャンペーン」実施
  • *ルジェ・カシス、カルーアなど輸入リキュールを中心に、自宅で手軽に楽しめるカクテルを訴求。
  • *低アルコールの缶入カクテルも加わり、第5次カクテルブームが起こる。
2004(平成16)
カクテルコンペティションを
「サントリー ザ・カクテルアワード」に改称
  • *1994年からはじまった「サントリー ザ・カクテルコンペティション」の名称を変更。

2005(平成17)
「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒」発売
  • *ウイスキーの古樽で熟成させた、サントリーのウイスキーづくりの技術を活かした梅酒を開発。
    ウイスキー樽由来の華やかな香りと深いコクで魅了する。

2011(平成23)
新しい飲み方「Rickey」を提案
  • *“新しいカンパーイ!リッキー”をキャッチフレーズに飲み方提案。
  • *リキュールとソーダに、レモンをはじめとしたフルーツの組み合わせ。
    グラスの中に入れた果実をスティックで押しつぶしながら飲むスタイルが人気を呼ぶ。
2017(平成29)
「ジャパニーズクラフトジン[ROKU]」発売
  • *世界的なクラフトジン・ブームが起こるなか、ボタニカルに日本の四季の恵み6種を加えた
    ザ・ジャパニーズ・ジンを開発し、海外でも人気となる。

TOP