Liqueur&Cocktail
 

'96 Suntory The Cocktail Competition

PHOTO 「'96サントリー ザ・カクテル コンペティション」は、プロのバーテンダーの方々を対象に、その創作性と技量を競っていただき、今年の最高峰のカクテル「カクテル・オブ・ザ・イヤー」を決定しようという大会です。

最終選考には、2,457通の応募作品の中から、第一次、第二次の審査を経て選ばれた20作品(「ショートカクテル部門」10作品、「ロングカクテル部門」10作品)がノミネートされました。

10月25日の最終選考会では、出場者に実際にカクテルをつくっていただき、審査員が、「味」「独創性」「将来性」「ネーミング」「見栄え」「技術」を鑑みて審査し、各部門から最優秀賞、優秀賞を1作品づつ選出、さらに、両部門20作品のなかから1作品を'96の最高のカクテルとして”カクテル・オブ・ザ・イヤー”に選出しました。


カクテル・オブ・ザ・イヤー
Belle Aile(ベルエール)
藤田 敏章(ふじた としあき)

<海外研修旅行ご招待、賞状、トロフィー>

PHOTO
各部門最優秀賞
●ショートカクテル部門
京桜
立岩 悟(たていわ さとる)
●ロングカクテル部門
Ondine(オンディーヌ)
長内 等(おさない ひとし)

<海外研修旅行ご招待、賞状、トロフィー>

●各部門優秀賞
●ショートカクテル部門
Rapture(ラプチャー)
吉田 雅彦(よしだ まさひこ)
●ロングカクテル部門
Affection(アフェクション)
小嶋 久美子(こじま くみこ)

<国内旅行ご招待、賞状>


●ショートカクテル部門 最終選考会 出場作品 一覧
●ロングカクテル部門 最終選考会 出場作品 一覧


最終選考 平成8年10月25日(金)
場  所 新高輪プリンスホテル
審査員 海老沢 泰久(作家)
および(社)日本バーテンダー協会、(社)日本ホテルバーメンズ協会、サントリー(株)より各2名、計7名
審査基準 (テースティング審査基準)
 「味」「独創性」「将来性」「ネーミング」「見栄え」
(技術審査基準)
 「技術」「マナー」
主  催 サントリー株式会社、サントリーフーズ株式会社
後  援 社団法人 日本バーテンダー協会(NBA)
社団法人 日本ホテルバーメンズ協会(HBA)

1997年へ 1995年へ