Liqueur&Cocktail
 
COCKTAIL COMPETITION HOME
最終結果発表
2005 ザ・カクテル アワード 受賞速報!
受賞作品はヘルシー感を意識した癒しのカクテル。
  10月25日に開催された「2005 サントリー ザ・カクテル アワード」。東京・お台場のホテル グランパシフィック メリディアンの華やかな会場にて、プロバーテンダーたちがあざやかに技を競い合いました。多数の応募の中からこの舞台に立つことができたのは、わずか20名です。
  今回、栄えある「カクテル アワード2005」を受賞したのは、神戸のホテルに勤務するバーテンダー、影山清史さんの作品「Cool Beauty〜清涼美〜」。癒しをテーマとしたカクテルで、「ちゅらディア」をベースにしています。ウコンの入ったこのリキュールを使うことで、ヘルシー感も意識したそうです。
各賞受賞者のレシピはこちら

華やかな会場で競い合うプロバーテンダー。
  当日の選考会では、ロング、ショートの部門ごとにノミネートされたプロバーテンダーが、オリジナルカクテル作品をつくって技を競いました。
  司会者は中井美穂さん、特別審査員には、長谷川理恵さん、岡田准一さんといった豪華な顔ぶれが!楽しげにカクテルを味わう姿で、会場に華を添えていました。
  選考会終了後は、絢爛豪華な会場での表彰式パーティへ!プレミアム ウイスキーや、おうちカクテルのブース、そしてノミネート20作品を味わえるコーナーなどもあり、会場は楽しげな雰囲気に包まれていました。

 「カクテル アワード2005」受賞の瞬間
  会場では、自宅にカクテルキットを持っているという岡田准一さんのトークショーも展開され、「おいしいカクテルを味わえただけでなく、カクテルの技術を見たことで、一段と興味が湧きました」とのコメントが。
そしていよいよ、長谷川理恵さんによる受賞者発表に!高まる緊張感の中で今年の「カクテル アワード」を手にしたのは、影山清史さんの作品。喝采とフラッシュを浴びて感激の涙をこらえるその姿に、会場からはさらに大きな拍手が贈られました。「カクテル アワード」は、名誉とともに大きな感動を与えてくれる場所なのです。

今年の応募作品の傾向は?
今年の作品傾向は、昨年発売された「マカディア」や「ちゅらディア」、さらには「泡盛」など、定番スピリッツやリキュールを使ったものとはまた違う「新たな飲みやすさ」を追求した作品が目立ちました。健康系リキュールを使うことで、「ヘルシー感」も意識していたようです。レシピそのものは、複雑過ぎないシンプルなスタイルとなり、デコレーションも必要性に応じたものになってきています。また、「食べるカクテル」や「スウィーツ風カクテル」などの応募も多く、「自由な発想で楽しむ」という今の時代感が、カクテルにも反映されていました。

影山清史さん


長谷川理恵さん


表彰式パーティ


コンペティション


表彰
各賞受賞者のレシピはこちら