Liqueur & Cocktail

カクテルレシピ

グリーン・アイズ Recipe Green Eyes

ロンリコ ゴールド 30ml
ミドリ 25ml
パイナップルジュース 45ml
ココナッツミルク 15ml
ライムジュース 15ml
ブレンダー/ゴブレット
1カップのクラッシュドアイスとすべての材料をバー・ブレンダー(ミキサー)に入れてブレンドし、大型グラスに注ぐ
ライムスライスを飾り、ストローを添える

ロス五輪公式ドリンクに使われたリキュール

この暑い最中、本来ならば東京五輪で日本中お祭り騒ぎであったはずだ。コロナという感染症はいつまで人類を苦しめるのか。世の中が平和で、人々が健康でなければ物事は動かない、という至極当然なことを嫌というほどに実感させられてしまっている。

今回は1984年のロサンゼルス五輪のオフィシャルドリンクとなったカクテルを紹介しよう。「グリーン・アイズ」というフローズンに仕上げる、猛暑に飲みたいカクテルのひとつといえよう。

1983年の全米カクテルコンテストにおいて発表されたカクテルらしい。そして翌年開催されたロス五輪でオフィシャルドリンクに選ばれた経緯があるが、面白いのは使用材料だ。ライやバーボンといったウイスキーをベースにするといったアメリカ的なこだわりは一切ない。

ベースはゴールドラム。そしてメロンリキュール、パイナップルジュース、ココナッツミルク、ライムジュースを使う。なんといってもサントリーが開発したメロンリキュール「MIDORI」が使われている点が当時の様子を物語っている。

この「MIDORI」、実は海外のバーテンダー、とくにアメリカのバーテンダーからの懇請によって誕生したものである。

1971年に東京でバーテンダーのオリンピックといえる国際バーテンダー協会主催の第20回インターナショナルカクテルコンペティションが開催された。開催期間中に海外から集まった優秀なバーテンダーたちから大きな注目を浴びたのがサントリーの「ヘルメスメロンリキュール」だった。なかでもアメリカのバーテンダーたちは“メロンの果実香にあふれた、こんなリキュールは世界のどこにもない。是非アメリカで売り出してほしい”と切望したという。

とはいえ「ヘルメスメロンリキュール」をそのまま輸出するという訳にはいかなかった。アメリカのリキュール規格に合わせなくてはならない。しかも既存のものと遜色のない香味品質を維持しなければならない。

これに慎重なまでもの時間を要した。そしてアメリカのバーテンダーの願いに応えて誕生したのが「MIDORI」である。

アメリカ発売は1978年。驚くことにその年の全米カクテルコンクールの優勝、準優勝作品がともに「MIDORI」を使ったカクテルであった。しかもTVニュースで大々的に取り上げられ、全米に認知されて大人気となり、さらに世界へと飛躍をみたのである。

1984年のロス五輪当時も「MIDORI」人気は高く、アメリカのバーテンダーたちは盛んに創作カクテルに取り入れていたようだ。オリーブの冠を捧げられてもおかしくないほどの金メダル級の活躍ぶりだった。

爽やかミックスジュース的な味わい

さて、その「グリーン・アイズ」のつくり方だが、クラッシュドアイスとともにすべての材料をブレンダー(ミキサー)でミックスさせ、フローズンスタイルに仕上げる。なるほど、と納得させられる。

大イベントである。瓶詰カクテル製品(RTD)がすでにあって、クラッシュドアイスを詰めたグラスに注げばいいだけの状態であれば別だが、それが不可能な場合、早く大量につくるにはブレンダーの使用が最適だ。

味わいにも驚かされる。強い主張をする香味はなく、すべてとてもスッキリとまとまっている。ゴールドラムのアルコール感が全体を支え、ココナッツミルクは立ち過ぎることもなく、ほどよいミルキーな感覚を与え、パイナップルジュースが嫌味のないコクを生んでいる。そしてメロンの香味が後味にふんわりと浮遊する。

意外なほど甘さは控えめ。ライムジュースの酸味が効いているから、口中をフローズンの清涼感がしなやかに滑っていく。英語だとSweet & Sourという表現に落ち着いてしまうのだろうが、わたしは、爽やかミックスジュース的な味わい、とお伝えしよう。アメリカでは、“トロピカルタイプ”あるいは“トロピカルカクテル”の表現が見られる。

とはいえ、ココナッツミルクを常備しているバーはめったにないはずだ。おそらく「グリーン・アイズ」のオーダーが入ったら、ココナッツリキュールの「マリブ」で代用するのではなかろうか。使用する量としては2tsp.程度が本来のレシピの味わいに近い。

ただし、本来のレシピであるココナッツミルクを使用したミルキーなフローズンの舌触りとは異なり、「マリブ」の場合はミックスジュースをシャーベットにした感覚といえよう。


実は1964年の東京五輪開催時にはサントリー主催で記念カクテルが募集され、翌1965年1月に最終審査がおこなわれている。このオリンピック記念カクテルコンクールの特選(優勝作品)は、『マイ東京』。大阪の上田芳明というバーテンダーの方が創作されたものだ。

材料はウイスキー(角瓶)、オレンジキュラソー、コーディアルライムジュース。シェークして、グラスの縁を砂糖でスノースタイルに仕上げたグラスに注ぐ。いずれこのカクテルもエッセイで取り上げることにしよう。

「MIDORI」に関するエッセイはこちら

第4回「白いドレスの女」ミドリ

ラムベースのカクテル・エッセイはこちら

第77回「アルファベットの秘密」X.Y.Z.

第68回「カリブの情熱的なビート」ダイキリ

イラスト・題字 大崎吉之
撮影 児玉晴希
カクテル 新橋清(サンルーカル・バー/東京・神楽坂)

ブランドサイト

ミドリ メロンリキュール
ミドリ メロンリキュール

ロンリコ ゴールド
ロンリコ ゴールド

バックナンバー

第100回
ジャパニーズ
ジン翠(SUI)
第101回
HAKU
カイピリーニャ
第102回
シップスミス
V.J.O.P.
第103回
ジン・フィズ

バックナンバー・リスト

リキュール入門
カクテル入門
スピリッツ入門