リキュール&カクテルリキュール&カクテルを楽しむ至福の時間

Mail Magazine

購読する
  • 製品ラインナップ
  • カクテルレシピ検索
  • キャンペーン・イベント情報
  • 用語辞典
  • Q&A
  • カクテルが飲めるお店

用語辞典 カクテル創作の基本的な技法やツール類、材料の紹介から、グラスの種類やカクテル・スタイルの分類など。

Liqueur & Cocktail ホーム > 用語辞典 > その他

その他

カクテルの分類

オール・デイ・カクテル(All Day Cocktail)

食事に関係無く、いつ飲んでもかまわないカクテルで、ほどほどの酸味や苦味を持ち、甘味もほどほどにのっている味のものが多い。

アペリティフ(Aperitif)

“食前酒”という意味のフランス語。英語では、アペタイザー(Appetizer)ともいうが、現在では、そのままフランス語を用いることが多い。ノドをうるおし、食欲を増進する目的で、欧米では非常に親しまれ、飲まれている。マティーニとマンハッタンが代表的なものだが、現在では、ワイン系、シェリー系、スピリッツ系とさまざまなカクテルがアペリティフとして飲まれている。近年は甘味を抑え、辛口に仕上げた低アルコールのカクテルが増えている。アペリティフはまた、プレ・ディナー・カクテル(Pre‐Dinner Cocktail)、あるいはビフォア・ディナー・カクテル(Before Dinner Cocktail)とも呼ばれるが、その場合は文字どおりディナー(正餐)の前に飲むカクテルとして、単に食欲を増進させるだけではなく、豊かな食事の前奏といった意味も込められている。

ディジェスティフ(Digestif)

“消化を助ける食後酒”という意味のフランス語。英語では、アフター・ディナー・カクテル(After‐Dinner Cocktail)という。食後の口直し、あるいは消化の促進のために飲まれるカクテルで、甘口に仕上げたものやアルコール度数の高いものが多い。ブランデーやリキュールを主体に使ったカクテル(アレクサンダー:Alezander、グラスホッパー:Glasshopperなど)、あるいはプース・カフェ(Pousse‐cafe)などが代表的なディジェスティフだが、最近は多様なスピリッツ、リキュール、生クリームなどをミックスしたカクテルが盛んにつくられるようになってきた。

ナイト・キャップ・カクテル(Night Cap Cocktail)

就寝前、熟睡できるように飲む、いわゆる寝酒。ブランデーをベースにした濃厚なカクテルや卵を使ったカクテルなどが、ナイト・キャップ向きとされている。

用語一覧

技法
  • 基本的な技法
  • その他の技法
  • 計量単位
  • スタイル
材料
  • アイス(氷)
  • ソフトドリンク
  • ハーブ・スパイス
  • 野菜・フルーツ
  • クリーム・シロップ
ツール
  • グラス類
  • バーツール
その他
  • カクテルの分類