サントリー ワイン スクエア

SANTA CAROLINA CHILE 1875

history[歴史]

140年の歴史を持つチリの名門ワイナリー
[サンタ カロリーナ]

winery[ワイナリー]

洗練されたコロニアル風の
「シティワイナリー」。
歴史的なセラーはチリの[国定記念建築]
に指定されている。

1877年、理想的な醸造所を建設するため、フランス人建築家のエミリオ・ドワイエール氏を招き、セラーの建設が開始。 1880年セラー完成。
2010年のチリ地震で甚大なダメージを被ったが、2年の歳月をかけ、2012年に再建された。
コロニアル風邸宅、テイスティングルーム、セラーを完備し、緑化等の環境に配慮した設計となっている。
国定記念建築である建物では結婚式も挙げられる。

高品質なチリのプレミアムワインが
生み出される新たな拠点
「トゥティウエ プレミアム ワイナリー」。

2012年、プレミアムレンジのワインを強化するための新しい拠点となった「トゥティウエ プレミアム ワイナリー」。
ぶどう栽培の研究や最新の醸造設備の導入など、サンタ カロリーナの革新的な挑戦がこのワイナリーから始まっている。

サントリー ワインスクエアへ戻る

ページトップへ