BUGIA

TOSCANA BIANCO

ブジーア

ブジーアについて

トスカーナ沿岸の離島“ジリオ島”の
樹齢80年を超える古木から生み出される
ミネラルが凝縮した白ワイン

ブジーアはイタリア語で「嘘」を意味します。
グラスに注がれたワインが刻々と表情を変えていく様が、
まるでワインが嘘をついているかのようであるため、
この名前がつけられました。

ブジーアの特徴

ワインづくり
花崗岩質土壌に植えられた平均樹齢が80年以上の古木のぶどうを使い、発酵を行っています。発酵は5%はフレンチオークで、95%はセメントタンクで行い、10ヶ月間の熟成を経てから瓶詰めされます。
製品情報
格付け :IGTトスカーナ
生産地 :トスカーナ州 ジリオ島
品種 :アンソニカ 100%
アルコール度数 :14.0%
ヴィンテージの特徴(2014)
ジリオ島のぶどうの収穫量は比較的少なかったが、夏の気温が上昇したため、しっかりとした果実感があり、高い品質の年。
テースティングノート(2014)
輝きのあるゴールデンイエロー。黄桃を思わせる熟した果実のトーンや、海の潮風をほのかに思わせる香り。しっかりとした果実の凝縮感と同時に透明感を感じさせる味わい。アフターテイストにも海の潮風を思わせるニュアンス。

ブジーアの物語

  • ジリオ島イメージ 1

    自然と史跡に恵まれたジリオ島

    ジリオ島はトスカーナの沿岸から14km離れたティレニア海に浮かぶ離島。土壌はほとんどが花崗岩のため、ローマ帝国時代からワインの産地として有名でした。

  • ジリオ島イメージ 2

    ビービーとジリオ島 1

    ワインづくりを始めた頃、白ワインをつくるための畑を探して、トスカーナ中を回っているとき、幼少時代に夏休みを過ごしたジリオ島を思い出し島に向かいました、そこでは昔ながらの方法でアンソニカ種が栽培されており、樹齢80年を超えるぶどう畑も見つかりました。

  • ジリオ島イメージ 3

    ビービーとジリオ島 2

    ブジーアの畑は、海のすぐそばにあるため、収穫期にぶどうを口に含むと果皮から塩味を感じるほど、海風を直接浴びています。この花崗岩の土壌と海風がもたらす唯一無二のテロワールにビービー グラーツは無限の可能性を感じ、この土地でワインづくりを始めることにしたのです。

  • ジリオ島イメージ 4

    ビービーとジリオ島 3

    今もビービー グラーツは頻繁にジリオ島へ足を運び、ぶどう畑の手入れや収穫を島の人々ともに行っています。また、島全体が山状のため、傾斜地に畑があり、今でもロバに手伝ってもらうなど、昔ながらの収穫を行っています

そのほかのおすすめ