この料理に合うワイン

レシピに戻る

1st

オックスフォード ランディング カベルネ・ソーヴィニヨン/シラーズ

オックスフォード ランディング
カベルネ・ソーヴィニヨン/シラーズ

オーストラリア
ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー

今回のレシピは、チーズフォンデュです。フォンデュはスイス、フランス、イタリア北部の料理でチーズフォンデュが有名ですが、他にオイルフォンデュやスープフォンデュなどもあります。フォンデュという言葉はフランス語で「溶かした」が語源といわれていますので、まずは、チーズフォンデュがあって、後から同じ「鍋」という事でオイルフォンデュなどが出来たと推測されます。チーズフォンデュは白ワインやキルシュワッサーでチーズを溶かし、パンなどに絡めて食べます。チーズは、複数のチーズをブレンドしますが、どのチーズを使うのか、またその配合比率は、とか、どんなタイプのワインを使うのかなどは村々、家々で違い、秘伝だそうです。今回は定番のグリュイエールとエメンタールチーズに、ウォッシュタイプのルクロンも使いました。ルクロンはフランス、フランシュ・コンテ地方の牛のチーズでウォッシュにしてはクセの少ないチーズで見た目も白カビチーズかな?と思わせる、大人しいたたずまいです。チーズを溶かす白ワインはシャルドネを使いました。とろり、とろけた鍋にカリカリにしたフランスパンを浸していただきます。カリっとしたパンと柔らかみのあるチーズのコントラストが楽しいです。

このチーズフォンデュにテイスティングメンバーが選んだイチオシワインはオックスフォード ランディング カベルネ・ソーヴィニヨン/ シラーズでした。オックスフォード ランディング エステートは1849年創業のヤルンバ ワイナリーの弟分です。ヤルンバ ワイナリーは160年あまりにわたって家族経営を続ける老舗でオーストラリアのワイン産業の中心地である南オーストラリア州バロッサ ヴァレーにあります。チーフ ワインメーカーはルイーザ ローズ、女性醸造家です。オックスフォード ランディング エステートはヤルンバ ワイナリー創業者のひ孫が1958年にマレー川の流域で新たに開設したワイナリーです。こちらのワイナリーも既に半世紀の時を経ています。オックスフォード ランディング カベルネ・ソーヴィニヨン/シラーズはカベルネ・ソーヴィニヨン 90%、シラーズ 10%のブレンドです。ブラックチェリーやカシスを連想させる香り、シラーズらしい黒胡椒のニュアンスもあります。まろやかな果実味とやさしい酸味があり、やわらかで滑らかなタンニン。みずみずしさとスパイシーさが程よく調和するミディアムボディの味わいです。チーズフォンデュと合わせると、オックスフォード ランディングの良く熟した果実香が強調されました。

「自然な果実の香りが心地良いです」

「ワインの香りも良くなるんだけど、チーズの香りも良く判ります」

「このフォンデュ、普通のフォンデュよりもコクが有りますね!」

「ウォッシュが入っているからだろうね」

「3種類のチーズのそれぞれの輪郭が、ワインと合わせた時のほうが、よりくっきりとする感じですね」

カベルネ・ソーヴィニヨンの骨格の大きさとチーズのコクがうまくバランスしていました。

これから、どんどん寒さが増す時期です、体の芯から暖まるチーズフォンデュとオックスフォード ランディングのマリアージュ、是非お楽しみください。

2位に選ばれたのはヤルンバ ワイ シリーズ アンウッディド シャルドネでした。ワイ シリーズは、ヤルンバのYであるとともにYour Wine (あなただけのワイン)を見つけてほしいというメッセージが込められています。アンウッディド シャルドネは素直なシャルドネ本来の持ち味を活かす為、敢えて樽熟成をしません。良く熟した果実の甘やかな香り、りんごを連想させる若々しい果実味と、引き締まった酸味、ほんのりとした香ばしさが特長の、旨味のある辛口白ワインです。今回のマリアージュ実験では全般的に赤ワインが優勢な中、白ワインで最も健闘したのがこのアンウッディド シャルドネでした。それほど、力強いワインではないのですが、奥深いところで手を握り合っているような相性でした。実は、このフォンデュのチーズを溶かした白ワインはアンウッディド シャルドネだったのです。料理に使ったワインと合わせるワインは同じもの、もしくは同じタイプの格上ワインといいうのはワインと料理のマリアージュの基本原則です。今回まさにその原則どおりの評価になりました。

2nd

ヤルンバ ワイ シリーズ アンウッディド シャルドネ

ヤルンバ ワイ シリーズ
アンウッディド シャルドネ

オーストラリア
ぶどう品種 シャルドネ

3位に選ばれたのは、ドメーヌ バロン ド ロートシルト メドック レゼルブ スペシアルでした。ワイン界の東の正横綱であるボルドーには、数多くのシャトーがあります。最初にランキングを決めたのがメドック地方で、1級から5級に分けられ、1級には4つのシャトーが格付けされました。それは今から160年も前の1855年の事でした。実は、あまり知られていませんが、その4つのシャトーには序列があったのです。その筆頭序列がシャトー ラフィット ロートシルトだったのです。格付けはほとんど変更されることなく、こんにちまで生き続けています。 まさにボルドーの正統派といえるドメーヌ バロン ド ロートシルト メドック レゼルブ スペシアルは力強さとエレガントさを併せ持ったワインです。チーズフォンデュと合わせると、チーズたちの複雑で豊かな香りが鼻を抜けてゆきました。特にウォッシュの個性的な香りを楽しみたい方向きの組み合わせだと思いました。

3rd

ドメーヌ バロン ド ロートシルト メドック レゼルブ スペシアル

ドメーヌ バロン ド ロートシルト
メドック レゼルブ スペシアル

フランス
ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ

レシピに戻る