この料理に合うワイン

レシピに戻る

1st

アペロ・ア・パリ (赤)<br>※終売しました。

アペロ・ア・パリ
(赤)
※終売しました。

フランス
ぶどう品種 シラー、グルナーシュ、カリニャン

今回のレシピは、いさきのエスカベーシュです。「いさき」は漢字では伊佐木や鶏魚と書きます。日本各地でたくさんの地方名があり、関東では「いさぎ」と語尾が濁音になることが多いです。九州では「いっさき」、福井、石川では「えさき」で、このあたりまでは「いさき」の変化形でしょうね。面白い地方名では和歌山での「うずむし」とか「鍛冶屋殺し」があります。漢字の「鶏魚」のほうは背びれがピンと立つとニワトリの鶏冠のように見えるから、と言われています。英語名Chicken gruntも、そのニワトリに、ちなんでいます。Chicken gruntのgruntのほうは「ぶうぶう言う」といった意味なのですが、なんと、日本でもそのニュアンスの呼び名があり、神奈川で「クロブタ」と呼ぶそうです。遠く離れた違う国で同じような名前で呼ばれているのはとても楽しいことです。

いさきは初夏に旬を迎える魚で、白身ですが脂が良く乗ります。今回はそのいさきをエスカベーシュにします。いさきはうろこを付けたまま3枚に下ろします。小麦粉をはたき、やや低めの温度で時間をかけ、じっくり揚げます。うろこがカリッとするまで、約15分くらいです。漬け汁に漬け冷蔵庫で2時間くらい休ませると出来上がりです。写真をご覧ください!うろこが逆立って、1枚1枚が「僕、カリカリに揚ったよ!」と主張しているようです。レモンとワインビネガーの香りが爽やかです。この夏に美味しい、いさきのエスカベーシュにテイスティングメンバーが選んだイチオシワインはアペロ・ア・パリの赤でした。

パリで人気の、ちょっと楽しい夜のはじめかた「アペロ」はアペリティフを楽しむライフスタイルを表す新しい「合言葉」です。

食事の前に、軽く一杯。

友達と一緒に・・・・・

ひとりで家で・・・・・

おしゃれな、パリ風ゼロ次会、それがアペロです。

グラスに注ぎます。若々しく、美しいルビー色です。フランス産のシラー グルナーシュ カリニャンなどを使った軽やかで飲み心地の良いワインです。

いさきのエスカベーシュと合わせます。かじると、うろこがカリカリです。身はむっちりと緻密で脂の旨みがたっぷりとあります。赤いベリーを思わせる香りです。軽快なワインで、爽やかです。いさきのクリスピーなタッチとアペロの味わいが程よい軽さ感のバランスをかもし出しています。

「白ワインに合いそうなレシピですよね?このワインは赤なのに良く合いますよね」

「うろこのカリカリがポイントだろうな」

「確かに、うろこだけでアペロにばっちり合いますよ」

「いさきが淡白さだけの魚じゃなくて、しっかりと脂の乗った旨みがあるところも、合う力になっていると思います」

夏を代表する、いさきとアペロ・ア・パリの素敵な相性を実感したマリアージュでした。

2位に選ばれたのはサントリージャパンプレミアム 甲州でした。甲州種は長い栽培の歴史を持つ日本の固有品種です。起源については伝承レベルですが二説あり、718年に山梨県甲州市の大善寺において、僧行基が甲州ブドウの栽培を広めた、という大善寺行基説と、1186年勝沼上岩崎の雨宮勘解由が発見した、という雨宮勘解由説です。やや薄い藤紫の果皮を持ったブドウです。 いさきのエスカベーシュとあわせると、サントリージャパンプレミアム 甲州の爽やかな酸とエスカベーシュのワインビネガーが重なって、酸が強調されます。 「すっぱ!!って感じだけど、そこが爽やかで好きです」 「酸がぐっと、力強く立つ感じですね、好き嫌いはあるかもしれません」 「酸は好みが強くでますからね」 「食欲がわかない暑いときでも、涼やかで食べられそうです!」 爽やかな、夏らしさを強調する組み合わせでした。

2nd

サントリージャパンプレミアム 甲州

サントリージャパンプレミアム
甲州

日本
ぶどう品種 甲州

3位に選ばれたのはカステル ブレサック ボルドー 白でした。ブレサックの醸造責任者はジャン・ピエール・ホルスタン。彼は、なんとバロン ド レスタックの醸造責任者でもあります。この2つのブランドの目指す味わいの方向性は全く異なります。  レスタックが樽香を強調した充実した深みのある味わいであるのに対し、ブレサックは果実感を全面に押し出した、爽やかな味わいを追求しています。 白は柑橘系の香りが広がりでソーヴィニヨン・ブランの爽やかさをストレートに出した軽やかな味わいに仕上がっています。穏やかな酸と果実味でいさきのコクをしっかりと受け止めていました。

3rd

ブレサック ボルドー(白)

ブレサック
ボルドー(白)

フランス
ぶどう品種 ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン

レシピに戻る