この料理に合うワイン

レシピに戻る

1st

サントリー 登美の丘ワイナリー 登美の丘 シャルドネ

サントリー 登美の丘ワイナリー
登美の丘 シャルドネ

日本
ぶどう品種 シャルドネ

クラムチャウダーはアメリカ料理です。東海岸のニューイングランドの料理だそうです。牛乳仕立ての白いクラムチャウダーとトマトベースの赤いクラムチャウダーと2パターンありますが、日本では圧倒的に白いクラムチャウダーが有名です。主素材はクラムです。クラムはハマグリと翻訳される事が多いのですが、本場のクラムは日本のハマグリとはちょっと違います。日本のハマグリの表面がすべすべなのに対してクラムには同心円状のぎざぎざがあり大分外見が異なります。和名はホンビノス。ビノスはVenusで美の女神ヴィーナスの意味です。実は最近、東京湾でも大繁殖をし始めているようで、築地市場でもちょくちょく見かけます。クラムチャウダーになる美味しい貝なのですが、プロの魚屋さんにもあまり馴染みの無い貝なので、非常に安い価格で取引されています。大きさにもよりますが、割と大きなものでも㎏あたり500円程度で、アサリの半値くらいですね。

今回のレシピではホンビノスが手に入らなかったので、アサリのむき身を使いましたが、もしホンビノスが手に入れば,より本場の味わいに近づきます。

ベーコン、玉ねぎ、セロリ、じゃがいもをバターで炒めます。ベーコンの燻香が立ち昇ります。小麦粉も良く炒め白ワインでのばしていきます。あさりと牛乳をいれてじゃがいもが柔らかくなればクラムチャウダーの出来上がりです。これだけでもとっても美味しいのですが、今回は更に凝ります。パイ生地で蓋をしてオーブンで焼いて、ポットパイにします。この一手間で、とっても豪華なメインの一皿が出来上がります。オーブンの扉を開けると、バターの良い香りがしてきます。

パイ生地のドームにスプーンを入れると、さくり、さくり、と焦げた生地が破れてクラムチャウダーから湯気が立ちます。

「素敵ですね・・・・・・」

「パイで覆われたお皿って、普通じゃないですよね」

「凄い存在感ですよ」

「こんな豪華な料理を自分で作る、という発想がありませんでした」

このクラムチャウダーにテースティングメンバーが選んだイチオシは登美の丘のシャルドネでした。登美の丘ワイナリーは1909年開園、今年で104年目を迎える伝統あるワイナリーです。南に向いた良い斜面にあり、丘を登って行くと美しい富士山を望む、まさに登って美しい=登美 の丘なのです。

登美の丘のシャルドネは自園産のシャルドネを100%使用しました。徹底した収量制限により、小粒で果実香に優れた完熟ぶどうを育てます。凝縮した果実味とぶどうの個性に応じた樽香のバランスをとるため、 一部を約12ヶ月熟成 (樽熟成64%、タンク熟成36%)します、更に、旨みを引き出すため、シュールリーもします。完熟したりんごを思わせる香りとフローラルな香りがあります。口に含むとフレッシュな第一印象です。ふくらみと、やわらかさを感じ、程よい酸味が広がるバランスがよいワインです。

 

クラムチャウダーのポットパイと合わせると、乳系の豊かさと登美の丘のシャルドネの厚みとが良く合います。アサリの身から来る「しみじみとした滋味」とワインの余韻とがなんとも言えない心地よさを醸し出します。

「クラムチャウダーのバターのニュアンスとワインの香りが良く合っています」

「チャウダーもだけどパイ生地の香ばしさとも絶妙ですよ!」

「樽由来の香りなんですかね?クリームっぽいワインの香りが共鳴する感じですね」

寒い夜に心まで暖まるクラムチャウダーのポットパイと登美の丘のシャルドネとのコンビネーションを是非是非お試しくださいませ。

こんなワインもお奨めに選ばれたのは、バルトン&ゲスティエ社のレゼルブ ソーヴィニヨン・ブランでした。バルトン&ゲスティエ社、略してB&G社は登美の丘ワイナリーよりも更に古く1725年の創業で、ボルドー最古のネゴシアンのひとつと言われています。創業家のバルトン家はメドック格付け2級のシャトー レオヴィル・バルトンやランゴア・バルトンを今も所有する名家です。 爽やかな柑橘系を連想させる香りがあり、涼しげで軽やかです。口当たりはフレッシュでみずみずしいワインでアサリの旨みを上手に引き立てていました。 *こちらの商品は料飲店様専用です。

2nd

バルトン&ゲスティエ レゼルブ ソーヴィニヨン・ブラン

バルトン&ゲスティエ レゼルブ
ソーヴィニヨン・ブラン

フランス
ぶどう品種 ソーヴィニヨン・ブラン

辛口白ワインの代表選手、シャブリも高い評価を得ました。現在シャブリ地区の多くでは機械で行われていますが、ウィリアム フェーブル社では、ぶどう果を傷つけないよう、収穫は手摘みにこだわっています。それも、普通の手摘みではありません。伝統的な手摘みでは葡萄を背負い籠にいれます。深さのある籠に放り込むと葡萄の房が傷つきます。それを防ぐ為にわずか13kg入りの小型の平らなプラスチックケースを使用するというこだわりぶりです。そうする事で ぶどうをつぶさずに健全なまま醸造施設に搬入できるのです。 収穫したぶどうは選果台で丁寧に選果・・・・この地道な品質管理から、このピュアで繊細なフェーブルのシャブリは生まれます。 清々しいレモンやライムなどの柑橘類を連想させる香りがあります。ピュアな印象で軽やかさと、凛とした酸味があります。シャブリ特有のミネラル感が豊かでクラムチャウダーの磯っぽい旨みを伴った余韻と良く合います。貝類と相性の良い、シャブリの本領を発揮した取り合わせでした。

3rd

ウィリアム フェーブル シャブリ

ウィリアム フェーブル
シャブリ

フランス
ぶどう品種 シャルドネ

レシピに戻る