vol.139

2011年05月

鱸のソテーオレンジバターソース

柑橘系ソースでソテーした旬の白身魚の鱸には、意外なチリの赤ワイン!

調理時間:15分以内

2011年05月

鱸のソテーオレンジバターソース

写真:澤木 央子

材料(2人分)

  • すずき 2切れ
  • オレンジ 1個
  • ライム 1/2個
  • クミン 小さじ1/4
  • バター 大さじ2
  • 白ワイン 大さじ2
  • 小麦粉 塩 粗挽き白こしょう 片栗粉
  • オレンジ風味のガレット
  • じゃがいも 2個
  • オレンジの皮 1/2個分
  • 片栗粉 塩 バター

  1. すずきは軽く塩、こしょう、小麦粉をふっておく。オレンジは厚く皮をむき、5mm幅のいちょう切りにする。ライムも同様に切る。

  2. フライパンにバター大さじ1を入れて火にかける。バターが溶けたら(1)のすずきを並べてソテーし、お皿に取り出す。フライパンをさっとふき、バター大さじ2、クミンを入れて弱火で炒める。香りがたったら、オレンジ、ライムを入れて炒め、白ワイン、塩小さじ1弱、こしょう少々を入れて味をととのえる。すずきの上に盛る。

  3. ガレットをつくる。じゃがいもは千切りにして塩小さじ1/2をもみこむ。5分ほどして水分が出てきたらしぼり、片栗粉、おろし金等で削ったオレンジの皮、こしょうを混ぜる。フライパンにバターを熱し、じゃがいもを敷き詰める。焼き色がついたら裏返し、両面がこんがり焼けたら食べやすい大きさに切る。

レシピ:鈴木 薫
著書には『一度は行きたい予約が取れない料理教室』(セブン&アイ出版)などがある。
http://suzukikaoru.main.jp/

この料理に合うワイン

スズキ(鱸)は夏の魚です。丈夫で生活力旺盛な魚で東京湾にも沢山います。晴海の運河の浅瀬には初夏のこのころ、いろいろな魚の稚魚が孵化して群れをつくっています。その小魚を狙ってスズキも集まってきているのを見かける事がよくあります。時には逃げ惑う小魚の群れを上からは鵜が襲い、下からはスズキの群れが襲う、などというナショナルジオグラフィックTVも顔負けのシーンを見ることが出来たりします。かなり食欲旺盛な魚で捌いて胃の腑を開くと小魚だけでなくかなり大きな魚が入っていて驚くことがあります。狙う獲物は幅広いようで、海老はもちろん小蟹やイカやイイダコなども丸呑みにしています。 続きを見る