vol.118

2010年07月

パイナップルライス

ワイン会にぴったり!パイナップルライスとシャルドネで南国気分!

調理時間:15分~30分

2010年07月

パイナップルライス

写真:澤木 央子

材料(2人分)

  • 豚肩ロース塊 100g
  • いんげん 50g
  • パイナップル 1/2個
  • しょうゆ 大さじ1・1/2
  • (ナンプラー 大さじ1/2)
  • にんにく 1片
  • ごはん 200g
  • こしょう 少々

  1. 豚肩ロース肉は1cm角に切り、ナンプラーに漬けておく。いんげんは小口切りにする。にんにくはみじん切り。

  2. パイナップルは果肉を取り出して、1cm角に切る。皮は器として取っておく。

  3. フライパンにサラダ油、にんにくを入れて弱火にかける。香りが出たら(1)の豚肉を加えて炒める。いんげん、ごはんを加え、油が全体にまわったらしょうゆ、こしょうで味をととのえる。

  4. (3)に(2)のパイナップルを加え、さっと火が通るまで炒める。

  5. (2)の皮に(4)を詰め、180℃に温めたオーブンで10分ほど焼く。

レシピ:鈴木 都(タイ料理研究家
タイ・バンコクに5年間在住。タイ王室専属の料理研究家Wandee氏に師事。タイ文部省認定 Wandee Culinary School Certificate 取得。宮廷料理・家庭料理・お菓子など幅広いジャンルのタイ料理を教えるタイ料理教室「カフィアライム」を主宰。

この料理に合うワイン

パイナップルって不思議な形だと思いませんか?子供だった頃(昭和30年代です、すごい昔ですねぇ)パイナップルはバナナとならんで病気になった時にしか食べさせてもらえない果物でした。それも缶詰が普通で、生で丸のままのパイナップルなんて、果物屋さんの奥の奥にうやうやしく奉られていたものしか見た事がありませんでした。そのパイナップルの形を見て「これが実だとすると植物全体はどんな形なんだろう・・・」と不思議に思った記憶があります。 続きを見る

  1. 1st

    カステル シャルドネ<br>※終売しました。

    カステル
    シャルドネ
    ※終売しました。

  2. 3rd

    タヴェルネッロ トレッビアーノ 1L 紙パック

    タヴェルネッロ
    トレッビアーノ 1L 紙パック