MENU
一覧へ戻る

ニュース

キャンペーン・イベント 2019年3月14日

3月14日、山崎発売35周年を記念して、
特製切子グラス「山崎の四季をめぐりて」をプレゼントいたします。

いまから遡ること35年前の1984年3月14日。シングルモルトウイスキー山崎は生まれました。

時代を先駆けたウイスキー、「山崎」。

「日本人の手で、世界に誇るウイスキーをつくりたい」との想いから、サントリー創業者・鳥井信治郎が山崎蒸溜所を開設してから60年。高度経済成長がひとつの頂点を極め、日本が成熟の時代を迎える頃、世の中の変化を感じ取った二代目マスターブレンダー・佐治敬三は、新しい時代に求められるウイスキーづくりを決意しました。

山崎蒸溜所

「価値観が多様化する時代には、個性の強いシングルモルトがきっと求められる。日本を代表するシングルモルトウイスキーをつくろう」。敬三と、当時のチーフブレンダー・佐藤乾は、数え切れないほどテイスティングを重ね、妥協することなく議論を戦わせながら、理想の香味を追求しました。気づけば、あっという間に2年の歳月が流れていました。

二代目マスターブレンダー 佐治敬三(左)/当時のチーフブレンダー 佐藤乾(右)

最後に二人が辿り着いた答えは、「ひとつの個性が突出することなく、多彩な原酒が混ざり合い、高め合うような調和」でした。1984年3月14日、山紫水明の地、山崎の風土そのままに、穏やかで奥深く、それでいて確固たる個性を持った、シングルモルトウイスキー山崎が産声をあげたのです。

発売当時の「山崎」

35年間の感謝を込めて、
山崎特製切子グラス「山崎の四季をめぐりて」を
5名様にプレゼント。

山崎誕生35周年を機に、山崎倶楽部会員の皆様へ、日頃のご愛顧への感謝のしるしとして、山崎特製切子グラス「山崎の四季をめぐりて」を5名様にプレゼントいたします。

制作期間3年。36に及ぶ試作を経て、山崎を愛する人のために、山崎を愉しむためだけの最高のグラスを目指した「山崎の四季をめぐりて」。山崎蒸溜所の四季折々の自然を、伝統の江戸切子で表現しました。グラスを口へ運ぶたび、季節ごとに移ろう山崎の美しい情景が脳裏をよぎることでしょう。ひとつひとつ、桐の箱に収めてお届けします。

山崎蒸溜所の四季折々をイメージした模様を、伝統の江戸切子のカットで表現しました。
春(ヤマザクラ)…四角かごめ紋
夏(若竹の葉)…麻の葉紋・笹の葉紋
秋(天王山)…七宝紋・星紋
冬(舞い散る雪)…細かな麻の葉紋

グラス底面には山崎蒸溜所オリジナルロゴを刻印。
一つ一つ桐箱に収めてお届け。

応募要項

● 賞品・当選者数

山崎特製切子グラス「山崎の四季をめぐりて」・5名様

● 応募期間

2019年3月14日(木)~3月28日(木)まで

● 当選発表

ご応募いただいた方の中から抽選を行い、当選者を決定いたします。
当選は賞品の発送をもってかえさせていただきます。

● 応募条件

山崎倶楽部会員の方

山崎の特別なイベントや会員限定のプレゼント情報等を
メールマガジンでお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら

ニュース一覧へ戻る

おすすめコンテンツ

  • ブランドストーリー

    名水。熟成。匠の技。
    山崎の、物語。

  • 山崎蒸溜所

    京都の南西・天王山の麓にたたずむ、
    最古のモルトウイスキー蒸溜所のご案内。

  • ラインナップ

    山崎蒸溜所で生まれるモルト原酒だけでつくられる、
    シングルモルトウイスキー山崎。

山崎倶楽部のご紹介

山崎倶楽部のご紹介1 山崎倶楽部のご紹介2

シングルモルトウイスキー山崎をよりいっそう愉しんでいただくためのファンクラブです。
会員限定のプレゼントやイベントのお知らせ、つくり手インタビューや山崎蒸溜所からの季節の便りなどをお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら