MENU
一覧へ戻る

ニュース

ブランド 2017年8月17日

山崎入門 vol.9
“山崎のラベルに隠された秘密。”

シングルモルトウイスキー山崎に関する基礎知識をご紹介する「山崎入門」。
9回目の今回は、山崎のラベルに隠された物語をご紹介します。

創業者・鳥井信治郎の志

堂々たる墨文字が存在感を放つ山崎のラベル。崎の字に注目してください。
旁(つくり)が、実は「奇」ではなく「寿」と描かれているのです。

サントリーの前身である「寿屋」を興した鳥井信治郎。
スコットランド以外では本格的なウイスキーをつくることは不可能と言われていた時代に 、
「日本人の手で、世界に誇るウイスキーをつくる」という夢を抱いたのです。

猛反対する周囲を尻目に 、1923年、日本最古のモルトウイスキー蒸溜所、山崎蒸溜所の建設に着手。
幾多の苦難を乗り越えながら、日本にウイスキー文化を花開かせました。

  • サントリー創業者・鳥井信治郎
  • 操業開始当時の山崎蒸溜所

墨文字に忍ばせた、想い。

やがて、信治郎の次男である佐治敬三が二代目マスターブレンダーを受け継ぎました。
敬三が抱いた夢は、ブレンデッドウイスキー全盛の中、
日本を代表するシングルモルトウイスキーを世に出すことでした。

「スコッチとは異なる、日本のシングルモルトウイスキーはどうあるべきか」
2年の歳月をかけ、熟慮と試行錯誤の末、
1984年、「シングルモルトウイスキー山崎」は生まれたのです。

山崎の墨文字は、敬三自身の手によるもの。
そっと「寿」の文字を忍ばせたのは、寿屋から続く、ウイスキーに賭ける想いを引き継ぐという意志と、
自らが想いを込めて生み出した、ジャパニーズシングルモルトウイスキーの門出を寿ぐ気持ちが込められているのです 。

  • 二代目マスターブレンダー・佐治敬三
  • 発売当時の「山崎」

山崎の特別なイベントや会員限定のプレゼント情報等を
メールマガジンでお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら

ニュース一覧へ戻る

おすすめコンテンツ

  • ブランドストーリー

    名水。熟成。匠の技。
    山崎の、物語。

  • 山崎蒸溜所

    京都の南西・天王山の麓にたたずむ、
    最古のモルトウイスキー蒸溜所のご案内。

  • ラインナップ

    山崎蒸溜所で生まれるモルト原酒だけでつくられる、
    シングルモルトウイスキー山崎。

山崎倶楽部のご紹介

山崎倶楽部のご紹介1 山崎倶楽部のご紹介2

シングルモルトウイスキー山崎をよりいっそう愉しんでいただくためのファンクラブです。
会員限定のプレゼントやイベントのお知らせ、つくり手インタビューや山崎蒸溜所からの季節の便りなどをお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら