WHiSKY on the Web 製品紹介サントリーオールドオールドの歩み'80s〜'90s > 1984
TOP オールドの歩み オールドのある風景 オールド広告ライブラリー 製品情報

1983(昭和58年)東京ディズニーランド開園
ホンモノのテーマパークが初めてやってきた
1983年4月15日、東京都と旧江戸川をはさんだ千葉県浦安市に東京ディズニーランドが開園。
米国ウォルト・ディズニー社の会長も参加したオープニングイベントでテープカットがされると、雨の中、その時を待ちわびていた3万人の客が堰を切ったように入園していきました。
東京ディズニーランドは、京成電鉄と三井不動産が共同出資して設立されたオリエンタルランドがアメリカのウォルト・ディズニー・プロダクションズ社と業務提携を結び、1,800億円と2年の時をかけて完成させたアメリカ以外では初、世界で3番目のディズニー・テーマパークです。
約25万坪の園内は、ワールドバザール、アドベンチャーランド、ウエスタンランド、ファンタジーランド、トゥモローランドの5つのテーマ別エリアに分けた、当時日本初のテーマパーク型アミューズメント施設。開園1年で、入園者は1,036万人を集めました。
そこまで人々を引きつけたワケは、なんでしょう。
それは、「夢」を与えることを第1とするポリシーが徹底していたからといえます。
従業員を「キャスト」、入園者を「ゲスト」と呼び、ハード、ソフトすべてにおいて現実を感じさせるもの、夢を壊す恐れのあるものを徹底的に排除しエンターテインメントとしての演出をしていきました。
たとえば、自動販売機や道端のゴミ。資材やショップの商品を搬入することさえゲストに見せないよう、キャスト専用の地下トンネルを作る凝りよう。
そんな徹底ぶりは、ゲストに対してもさまざまな制約を求めます。喫煙や弁当等の持ち込み禁止もそれです。
にもかかわらず、マナーは守られ、高いリピート率を維持し、現在、売上高世界一のテーマパークになっています。
オールドの歩みTOP '80s〜'90s