WHiSKY on the Web ウイスキーミュージアムウイスキーと文化ウイスキーとミステリーの世界 > ダンディズム編

ウイスキーとミステリーの世界

ミステリー作品紹介
 ダンディズム編

かわいい女 『かわいい女』(レイモンド・チャンドラー)
フィリップ・マーロウのデスクの上には、オールド・フォレスターの壜。ウイスキーのグラスを飲み干すのは決意の儀式だ。
女王陛下の007 『女王陛下の007』(イアン・フレミング)
ボンドがウイスキーを飲むのは緊迫した場面。殺すか殺されるかの瀬戸際では、したたかに成熟した男の酒を飲むしかない。
デズデモーナの不貞 『デズデモーナの不貞』(逢坂剛)
ウイスキーは静かにたしなむ酒、しかしこんなスピリッツを掻きたてる飲み方も時にはあっていい。
漂泊の街角 『漂泊の街角』(大沢在昌)
現代に生きるハードボイルド探偵の末裔、佐久間公がバーボンを呷るのは、文学の歴史にふさわしい行為、なのである。
マイク・ハマーへ伝言 『マイク・ハマーへ伝言』(矢作俊彦)
泣くときは、こっそり。握りしめたウイスキー・グラスの底に涙を落として。そんな泣き方をすることがある。
葬列の朝 『葬列の朝』(斎藤純)
短い言葉のラリーに深い意味をこめたハードボイルドは、ウイスキーを楽しむように、そっと言葉を口の中で転がしてみよう。
私が殺した少女 『私が殺した少女』(原寮)
男は歩く、歩く、歩く。胸なごませるバーのざわめきと、心地よい酔い、そして魂の救いを求めて。都会の真底に棲む日々。汚辱も誇りもすべて一身に引き受けて探偵は生きる。
ダウンタウン 『ダウンタウン』(エド・マクベイン)
一人ぼっちのホワイト・クリスマスが、二人の物語に。ニューヨークを舞台に繰り広げられる不思議なストーリー。大人の冒険は、拳銃を右手に、カクテルグラスを左手に持って。
友と別れた冬 『友と別れた冬』(ジョージ・P・ペレケーノス)
新米バーテンダーは、都会の闇を追いかける私立探偵。人捜しもカクテル作りもまだまだ未熟――カクテルの違った楽しみ方教えます。バーテンダーと客の微妙な関係。
フロスト日和 『フロスト日和』(R・D・ウィングフィールド)
ワーカホリックの警部には、バーに腰を据える時間もない。しかしそれだからこそ飲まなければならない瞬間があるのだ。夜明け前のわずかな時間にウイスキーを。
仏陀の鏡への道 『仏陀の鏡への道』(ドン・ウィンズロウ)
隠遁する若き探偵を、騒乱の巷へと引き戻すためにやってきたのは、「父」だった。親子の絆を確かめるための一杯のウイスキーを、あなたなら飲むか? 飲まないか?
動機は問わない 『動機は問わない』(藤田宜永)
ウイスキーも人も歳をとる。人がウイスキーと違うのは、齢の重ね方について後悔することがあるということだ。心が乱れた夜にはグラスを見つめて過ごそう。
新宿鮫 『新宿鮫』(大沢在昌)
心なごませるバーの匂い。ほのかに漂うウイスキーの薫り。素敵なバーと巡りあうためには、鼻をきかせるのも一つの手である。あるバーの思い出とともに。
罅/街の詩 『罅/街の詩』(北方謙三)
バーの扉を押し開ける時。それは誰もが詩人になれる瞬間だ。カウンターの上に詩を書こう。バーテンダーの仕草から詩を読み取ろう。ウイスキーの芳香が誘う詩情。
水の眠り 灰の夢 『水の眠り 灰の夢』(桐野夏生)
大人の酒は、楽しく騒いで飲むだけが能じゃない。「余韻の苦味」を感じ取ろう。語られぬ言葉は常にウイスキー・グラスの底に見えている。大人の飲み方を知るために。