WHiSKY on the Web 製品紹介 > 響
  • PORTFOLIO 響ラインナップ
  • STORY ブランドストーリー
  • AWARDS 受賞歴
  • INFORMATION ニュース
  • HIBIKI TIME 愉しみ方
  • MEMBERS CLUB メンバーズクラブ

MENU

HIBIKI Member’s episode ~「響」と共に過ごした特別なひととき~ 投稿エピソードをご紹介

HIBIKI Member’s episode  ~「響」と共に過ごした特別なひととき~ 投稿エピソードをご紹介

響 MEMBERS CLUB では、昨年に続き今年も「響」にまつわる
エピソードを会員の皆さまから募集いたしました。

お一人おひとりの貴重な思い出を綴ってくださり、
ご投稿いただきました方々に心より感謝申し上げます。

ここからは、ご投稿いただきましたエピソードの一部を紹介します。

生涯の友人の門出に H. W. さん(20代男性)

大学院で出会った友人は、私にウイスキーの美味しさを教えてくれました。ジャパニーズ、スコッチ、バーボン・・・銘柄それぞれにおすすめの飲み方を教えてくれました。6年間ともに研究生活を過ごす中で、他のどの友人よりも長い時間を共に過ごし、切磋琢磨し、そして何よりたくさん飲みに行きましたが、学位の取得と共に道を分かつ時が来ました。門出のお祝いにどんなウイスキーを飲みたいか尋ねると、帰ってきた答えが「響21年」でした。「なかなか買えないよ~」と言いながら、友人のために必ず見つけようと心に誓いました。彼を祝い、共に「響21年」を愉しみたいと願って百貨店、酒屋、量販店をめぐったあの時間も、今思えば宝探しのような楽しい時間でした。

それから数ヵ月、運良く手に入った「響21年」を見た彼は、驚きつつも本当に喜んでくれました。親しい友人たちと緊張しながら開栓した夜。引き抜いたコルクを皆で嗅いだときに感じた、あのいつまでも続く「響21年」の甘い香りと、口に含んだときの熟成感、フルーツのような香り、そして飲み込みたくないと思うくらい長く幸せな余韻・・・ それから様々な素晴らしいウイスキーに出会いましたが、あの時を「響」と共に過ごしたことが、今でも私にとってウイスキーに関する最高の思い出であり続けています。

誰が言ったか、「ウイスキーは時間を飲む飲み物」と言われます。これまでへの感謝。門出への祝意。これからの将来への決意。心に思った過去・現在・未来の時間が、目の前の「響21年」を更に美味しいものにしてくれたのだと思います。

住まいも離れ、社会情勢もありあの時間を共にした友人たちともなかなか会うことが叶わなくなりましたが、いつか再び共に盃を交わし、数年のそれぞれの歩みを語り合うことを願って―。彼からお祝いにもらったロックグラスと共に、「響21年」は再び来る特別な時を待っています。

日本人のプライド MN さん(40代女性)

アメリカの大学に留学することが決まった時、ホームステイ先へのお土産を何にするかで、だいぶ頭を悩ませた。私の田舎では手土産と言えば日本酒と決まっていて、しかも一升瓶を持っていくのが定番だったのだが、さすがにアメリカへのお土産としてはいかがなもんかと、途方に暮れた。できれば喜んでもらいたいし、欲を言えば「やっぱり日本はすごい!」と感心させたい。事前にメールで届いたホストファミリーの写真を見ながら、田舎の実家に家族全員が集合し、喧々諤々の会議となった。

フレンドリーな笑顔のホストファミリーの写真は、私が滞在することになる家のリビングで撮ったものらしく、バックには暖炉と、瀟洒なガラス戸のキャビネットが写っていて、たくさんの高そうなお酒の瓶が並んでいた。お酒に目ざとい父親は、写真をしげしげと眺めた後「お土産は日本のウィスキーだな」と宣言した。もちろん、私も他の家族にも異論は無い。父親が選んでくれるというので任せると、「響」を買って帰ってきた。日本を代表するにふさわしく、かつ、父親の解説によると、ホストファミリーが好きな系統のウィスキーに間違いないとのことだ。

割れないように完璧なパッキングをして、私は「響」とともにアメリカに旅立った。ホストファミリーの夫婦は「響」に目を輝かせ、舌鼓を打ち、そのおかげだけではないだろうけど、私は一年間、それはそれは大切にしてもらった。
「響」は私にとって、日本人としての自信と誇りのプレゼンでもあったのだと思う。

アンケートにご協力くださいますようお願いいたします。

この記事に対するご意見ご感想はこちらから

響 MEMBERS CLUB のご紹介

響 MEMBERS CLUB は、サントリーウイスキー響をよりいっそう愉しんでいただくためのファンクラブです。会員限定のイベントやプレゼント、響の最新情報、つくり手インタビューなどを、メールマガジンでお届けします。皆さまのご入会をお待ち申し上げます。

無料会員登録はこちら

この記事に対するご意見ご感想はこちらから

一覧へ戻る

Page Top