WHiSKY on the Web 製品紹介 > 響
  • PORTFOLIO 響ラインナップ
  • STORY ブランドストーリー
  • AWARDS 受賞歴
  • INFORMATION ニュース
  • HIBIKI TIME 愉しみ方
  • MEMBERS CLUB メンバーズクラブ

MENU

HIBIKI Food Pairing 和洋がとけあう珠玉のハーモニー 「響 JAPANESE HARMONY」フードペアリング Vol.4

HIBIKI Food Pairing 和洋がとけあう珠玉のハーモニー 「響 JAPANESE HARMONY」フードペアリング  Vol.2

封を解くと漂うのは、ほのかに甘く華やかな香り…
「響 JAPANESE HARMONY」の繊細な香味はアレンジしてもバランスが崩れることなく、ペアリングを通じて、さまざまな魅力を味わえることも魅力のひとつです。

今回ご紹介するのは、暑い季節に最適なハイボールやミストスタイルのペアリング。
“和と洋”の要素を組み合わせた一品が、驚きの体験をもたらすことでしょう。
ご自宅でも気軽にお試しいただけるレシピをご紹介しますので、ぜひご覧ください。

響 JAPANESE HARMONY ハイボール
×
鰻とマスカルポーネのひと口サンド

炭酸の泡とともに立ちのぼるやわらかい香りが、至福の時を予感させるハイボール。「響 JAPANESE HARMONY」と炭酸水の割合は、1:3が基本です。炭酸水はあらかじめ冷やしておいたものを注いでください。

土用の丑の日をはじめ、夏に食べる機会が多い「鰻の蒲焼き」を、ハイボールにあわせて斬新アレンジ。鰻との食べあわせが抜群の瓜の奈良漬けと、酸味の少ないマスカルポーネチーズ。さらにマーマレードを重ねて、重層的な味わいを愉しめるサンドイッチに仕立てます。清々しく香る木の芽を添えて、贅沢な昼下がりをご堪能あれ。香ばしい甘さと軽やかな食感がハイボールの爽快感を際立たせ、穏やかな樽香の余韻をひときわ鮮やかに彩ります。

Recipe

  • 1. 食パン(10枚切り)をひと口大に切り、トースターで焼く。
  • 2. 1にマスカルポーネチーズを塗る。
  • 3. 2にスライスした奈良漬けとオレンジマーマレードを乗せる。
  • 4. 3にうなぎの蒲焼きを重ね、木の芽を飾る。

響 JAPANESE HARMONY ミストスタイル
×
水羊羹のクリームチーズソースがけ

ウイスキーの多様な味わい方の中で、ひときわ涼やかなのがミストスタイル。クラッシュアイスをグラス満杯に詰めて、「響 JAPANESE HARMONY」を注ぎます。グラスが白い霧を纏い、キンキンに冷えたら飲み頃です。

ミストスタイルならではの冷涼感や、軽やかな味わいを活かすため、ペアリングメニューにはみずみずしい水羊羹をチョイス。クリームチーズソースをかけて、まったりとしたコクや適度な酸味をプラスします。トッピングには、甘さと爽やかさを兼ね備えたカルダモンパウダーをひとつまみ。スパイスの香りが心地よいアクセントとなり、「響 JAPANESE HARMONY」の華やかな香りを、いっそう鮮やかに引き立てます。

Recipe

  • 1. 水羊羹を適当な大きさに切り、平皿に盛る。
  • 2. クリームチーズに適量の水を加え、なめらかになるまでよく混ぜる。(マヨネーズ程度の硬さが目安)
  • 3. 2のソースを水羊羹にかける。
  • 4. カルダモンパウダーを適量振りかける。

夏ならではのアイデアをたっぷりと詰め込んだ、
「響 JAPANESE HARMONY」のフードペアリング。お愉しみいただけましたでしょうか?

まだまだ厳しい暑さは続くようですが、
皆さまのもとに、至福を呼び込むきっかけとなれば幸いです。

響 MEMBERS CLUB のご紹介

響 MEMBERS CLUB は、サントリーウイスキー響をよりいっそう愉しんでいただくためのファンクラブです。会員限定のイベントやプレゼント、響の最新情報、つくり手インタビューなどを、メールマガジンでお届けします。皆さまのご入会をお待ち申し上げます。

無料会員登録はこちら

この記事に対するご意見ご感想はこちらから

一覧へ戻る

Page Top