自然と共生する工場

水の循環利用、CO2削減など、自然との共生を目指した取り組みを行っています。

実施している工場で作られている天然水 南アルプス 奥大山 阿蘇

太陽光発電パネル

南アルプス

白州工場の生産棟の屋根一面に太陽光パネルを設置し、工場内の生産設備などの電力を補っています。飲料業界最大規模※となる490kwの発電が可能で、晴天時には工場で使用する電力の約20%をまかなっています。 ※ 2011年1月時点

ボトル成形エアの再利用

南アルプス

ペットボトルを膨らませるための空気を再利用することで、空気を圧縮する電力量を削減しています。

ボトル成形エアの再利用図

蓄熱システム

奥大山

余った熱を回収して有効活用

生産工程で発生した余分な熱をエネルギーとして蓄熱タンクに蓄え、必要なときに放出して使用しています。今まで捨てられていた廃熱が、蓄熱システムを使うことで効率的に回収できるようになり、年間約4%のCO2が削減できます。

蓄熱システム図

LNG

南アルプス奥大山

環境に配慮したエネルギーの使用

LNGとは、液化天然ガス(Liquefied Natural Gas)の略で、石油、石炭といった他の燃料と比べて、燃焼時のCO2排出量が少ない、環境配慮性の高いエネルギーです。また、酸性雨や光化学スモッグなど大気汚染の原因となる、硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)の発生も大きく抑えることができます。

化石燃料の燃焼生成物発生量比較(石炭を100とした場合)グラフ

雪室(ゆきむろ)

奥大山

雪を使った自然エネルギー

工場周辺に積もった雪を冬場のうちに雪室に貯蔵しておき、必要な時に約7℃の冷水を作ります。この冷水は、夏の冷房や生産設備での冷却に用いられ、CO2排出量の削減に貢献しています

水の循環利用と節水

南アルプス奥大山阿蘇

雪を使った自然エネルギー

工場周辺に積もった雪を冬場のうちに雪室に貯蔵しておき、必要な時に約7℃の冷水を作ります。この冷水は、夏の冷房や生産設備での冷却に用いられ、CO2排出量の削減に貢献しています

水の循環利用図

浄化の徹底管理

南アルプス奥大山阿蘇

使った水をきれいに

工場で使用した水は、清流の水質レベルまで無害化を行い、環境に影響のない水質であることを確かめた上で放流しています。雨水を含めたすべての放流水は24時間自動監視されており、万が一異常を感知した場合には、緊急遮断弁が自動的に閉まり、放流をストップするシステムになっています。

 
おいしい水を守るために
環境にやさしいボトル・包装
ユニバーサルデザイン
自然と共生する工場