山崎蒸溜所で樽熟成させたサントリーこだわりの梅酒

山崎蒸溜所で樽熟成させたサントリーこだわりの梅酒

京都の南西、天王山の麓に位置する山崎蒸溜所は1923年にサントリーの創業者、鳥井信治郎がウイスキーづくりの原点と定めた場所です。
その山崎蒸溜所で熟成させた梅酒は、ウイスキー樽由来の熟成感と、まろやかな風味、甘さ控えめながらも舌に残るしっかりとした余韻が特長で、お酒好きのお客様に広く愉しんでいただいています。
今回は、ジャパニーズウイスキーのパイオニアであるサントリーにしかできない新たなお酒づくりに挑戦した開発者の想いを追います。

きっかけはウイスキーのための樽づくり

きっかけはウイスキーのための樽づくり

サントリースピリッツ(株) 山崎蒸溜所 
工場長 藤井敬久

現、山崎蒸溜所工場長の藤井敬久は、かつてブレンダーとして数々のウイスキーづくりを手がけてきました。
当時の藤井は、日本人の繊細な味覚に合うウイスキーをつくるため、シェリー樽のようなウイスキー樽を和のお酒で開発できないか、と試行錯誤していました。
「日本を代表する果実酒、“梅酒”を熟成させた樽をウイスキーの熟成に使用すれば、日本独自の味わいをもったウイスキーができるかもしれない」
そう考えた藤井は、まずウイスキーの古樽で梅酒を熟成することを始めました。

ウイスキーの新たな原酒づくりのために始めた、
ウイスキー古樽での梅酒の熟成

「樽から梅酒を払いだし、ウイスキーを熟成させる“梅酒樽”を一日でも早くつくりたい。」
待ち遠しい日々が続きました。その間に樽の中では梅酒がどんどん熟成していきます。
ある日、ふとその梅酒に口をつけてみると、今までにはない味わいの梅酒が出来上がっていたのです。「これは・・・」と藤井は思わず言葉を失いました。
ウイスキー樽から溶け出す甘く華やかな熟成香や程よい苦味は、梅酒の甘味を抑え、今までの梅酒とは明らかに異なる味わいでした。
この味わいなら、梅酒の甘味がやや苦手な方や、お酒好きなお客様に広く愉しんでもらえると考え、この梅酒を商品化することを決めました。
「焙煎樽貯蔵梅酒」(現在の「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒」)として、まずはバー業態を中心に2万本の数量限定で2002年に発売し、お客様からその味わいに高い評価をいただきました。

その後、当初の目的であった“梅酒樽”で熟成させたウイスキーの開発も進めました。
完成したそのウイスキー原酒は、口に含んだ瞬間から爽やかな風味が今までのウイスキーにはない香りで、また梅酒が持つ独特な酸味と力強さ、繊細さも感じられました。
「日本ならではの新しいウイスキー原酒が完成した」藤井は確信しました。

「焙煎樽熟成梅酒」は梅酒樽ウイスキーをブレンドした至極の一品

「焙煎樽熟成梅酒」は梅酒樽ウイスキーをブレンドした至極の一品

2015年には、ウイスキーの古樽を焙煎し熟成させた梅酒に、さらに“梅酒樽”で貯蔵した“梅酒樽ウイスキー”を加えることで、華やかで重厚な味わいとやわらかく続く長い余韻を引き出した「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒」を発売しました。
2016年には「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒」の輸出を開始し海外のお客様にも愉しんでいただいています。

また、2018年のモンドセレクションでは、「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽仕込梅酒」「山崎蒸溜所貯蔵 焙煎樽熟成梅酒」が、ともに金賞を受賞するなど、その味わいへの評価も高まっています。

一日の終わりのくつろぎタイムに、たとえば本を読みながら、氷を入れたロックグラスで。
いつもならウイスキーという場面に、是非お試しください。また、甘さ控えめなので、ソーダで割って食中酒としてもおすすめです。特に繊細な味の和食とは、相性は抜群です。
大切な人と大切な時間にゆっくりと、是非お愉しみください。