サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
20周年スペシャル
2011年10月20日(木)、11月10日(木)、12月1日(木)
各日とも12:15〜12:45(12:00開場) ※12:10〜 プレ・トーク

サントリーホール開場5周年を記念して1991年10月よりスタートした「オルガン プロムナード コンサート」。月に一度のお昼休みの無料コンサートとして皆様に親しまれ、2011年にシリーズ20周年を迎えました。これを記念して、シリーズ最初期から登場しているオルガニストたちが、感謝の気持ちをこめて名曲プログラムをお届けします。スペシャル版ならではのプレ・トークとともにお楽しみください。

●「20周年スペシャル」10月・11月の公演レポートはこちらから

公演概要
出演 オルガン:水野均(10月20日)
オルガン:新山恵理(11月10日)
オルガン:三浦はつみ、トランペット:高橋敦(12月1日)
※各日とも12:10〜出演者によるプレ・トーク
日時・曲目

2011年10月20日(木)12:15〜12:45(12:00開場)
ヘンデル/水野均編曲:組曲『水上の音楽』ヘ長調 HWV348 から 第3曲
J. S. バッハ/ベレノ編曲:『管弦楽組曲第3番』から「エール」(G線上のアリア)
サンマルティーニ:ソナタ ト長調
エルガー/水野均編曲:『エニグマ変奏曲』から「ニムロッド」
J. S. バッハ:前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV552

2011年11月10日(木)12:15〜12:45(12:00開場)
J. S. バッハ:我らが悩みの極みにあるとき BWV641
アラン:クリマ
アラン:幻想曲第2番
ピアソラ/新山恵理編曲:アヴェ・マリア
エルガー/ルメア編曲:愛の挨拶
エルガー/ヘスフォード編曲: 行進曲『威風堂々』第1番

2011年12月1日(木)12:15〜12:45(12:00開場)
シャルパンティエ:『テ・デウム』から「前奏曲」(トランペット&オルガン)
J. S. バッハ:カンタータ第208番 から「羊はのどかに草をはみ」(トランペット&オルガン)
ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲
ブラームス:一輪の薔薇は咲きて
J. S. バッハ:甘き喜びのうちに BWV729
クリスマス・キャロル(トランペット&オルガン)
 諸人こぞりて
 天なる神には み栄えあれ
 神の御子は今宵しも

料金 入場無料
会場 大ホール
主催 サントリーホール
協賛 岩谷産業株式会社
支援 文化庁 平成23年度 優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業
後援 港区
出演者プロフィール
オルガン:水野均
東北学院大学経済学部経済学科卒業。国立音楽大学器楽科オルガン専攻を首席で卒業、矢田部賞受賞。同大学院音楽研究科器楽専攻修了。ミラノ市立音楽院古楽器科に留学。東京芸術大学大学院音楽研究科後期博士課程修了。博士号取得。オルガンを廣野嗣雄、吉田實、L. ギエルミに師事。日本国内はもとより、ヨーロッパ各地においてソリストとしての演奏活動、またオーケストラ、室内楽、合唱との共演など活発に行っている。2002年スーパーオーディオCD『アーレントオルガン at カザルスホール』、10年CD『バッハ at カザルスホール』をリリースし、いずれも各紙で非常に高い評価を得た。桐朋学園大学音楽学部古楽器科講師、盛岡市民文化ホールオルガン・アドヴァイザー。日本基督教団早稲田教会オルガニスト。日本オルガニスト協会会員、日本オルガン研究会会員。
「オルガン プロムナード コンサート」初登場は1991年10月3日。
オルガン:新山恵理
東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業、同大学院修了。フランスのリール国立音楽院に学び、満場一致の一等賞を得て首席で卒業する。その後も各国の国際アカデミーにおいて研鑽を積む。オルガンを絹村光代、秋元道雄、廣野嗣雄、J. ボワイエに師事。各地の歴史的な楽器でのコンサートに出演して好評を博し、18世紀に建造された楽器の修復記念演奏会にも招待されている。NHK-FM「朝のバロック」、NHK「名曲アルバム」、映画や研究資料の録音などに携わる。第3回日本オルガンコンクール第2位。各地のコンサートホールおよび教会でのソロ演奏、各オーケストラとの共演またはオルガン・パートの演奏、合唱団やアンサンブルとの活動を続ける一方、レクチャーや講習会にも取り組んでいる。
「オルガン プロムナード コンサート」初登場は1991年12月12日。
オルガン:三浦はつみ

©Takashi Arai
5歳よりピアノを、15歳よりオルガンを始める。東京芸術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。オルガンを秋元道雄、廣野嗣雄、島田麗子、菊池みち子、G. ボヴェに、ピアノと和声を守田正義に師事。1996年ボストンのニューイングランド音楽院で林佑子に師事し、アーティスト・ディプロマを授与される。横浜みなとみらいホールでは、98年の開館以来、ホール・オルガニストを務め、オルガン・1ドルコンサート、こどものためのワークショップなどの企画、ホール・オルガニスト・インターンシップなど育成プログラムにも力を入れている。2003年9月にCD『トッカータ!』をリリース。平成19年度横浜文化賞文化・芸術奨励賞受賞。フェリス女学院大学非常勤講師、日本聖公会横浜聖アンデレ教会オルガニスト。
「オルガン プロムナード コンサート」初登場は1992年4月16日。
トランペット:高橋敦
洗足学園大学卒業。津堅直弘、関山幸弘、佛坂咲千生に師事。第65回日本音楽コンクール第1位。第13回日本管打楽器コンクール第1位。新星日本交響楽団(現 東京フィルハーモニー交響楽団)を経て、1999年東京都交響楽団の首席奏者に就任、現在に至る。トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ首席トランペット奏者。ジャパン・チェンバー・オーケストラ、東京メトロポリタン・ブラス・クインテット他メンバー。洗足学園音楽大学客員教授、上野学園大学客員教授、東京音楽大学講師。
このページの先頭へ↑