公演スケジュール

  • 主催公演

サントリーホールでオルガンZANMAI!
躍動するオルガン

日時
2020年8月16日(日) 16:00開演(15:30開場、17:00終演予定)
会場
大ホール
シリーズ公演はこちら
2020年8月16日(日) 10:00開始(9:45開場、11:50終了予定) 大ホール
オルガン研究所
2020年8月16日(日) 12:00~13:30
みんなのオルガン広場
2020年8月16日(日) 13:30開演(13:00開場、14:30終演予定) 大ホール 
真夏に響くパイプの歌声
2020年8月16日(日) 14:50~15:20 ブルーローズ(小ホール)
ポジティフオルガン・ミニコンサート
2020年8月16日(日) 17:15開始(17:00開場、18:00終了予定) ブルーローズ(小ホール)
大人のためのオルガンの時間
2020年8月16日(日) 18:30開演(18:00開場、19:30終演予定) 大ホール
バッハへのオマージュ

チケット購入はこちら

出演
オルガン:梅干野安未
語り・歌:大山大輔
曲目
バルバートル:『ラ・マルセイエーズとサ・イラ』
モーツァルト:オペラ『魔笛』K. 620 より「おいらは鳥刺しさ」
ハイラー:『タンツ・トッカータ』
トレス:「子守歌」
シューベルト:「子守歌」D. 498
フランク:『3つのコラール』より 第2番 ロ短調
フローレンツ:『賛歌』作品5 より 第3曲「マリアの竪琴」
ギユー:トッカータ
出演者プロフィール
オルガン:梅干野安未

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻および同大学院修了。学内にて安宅賞、アカンサス音楽賞、同声会賞受賞。その後文化庁新進芸術家海外研修制度の支援を受け、パリ国立高等音楽院で学ぶ。オルガン科の学士および修士課程を修了し、同時にエクリチュール(作曲書法)科では和声とルネサンス対位法のプリを獲得した。2010年フランス・ベテューヌ国際オルガンコンクール入賞にあわせてCD『REVELATIONS』を発売し、好評を博した。15年ルクセンブルク・デュドランジュ国際オルガンコンクール優勝。近年では国際オルガンコンクールの審査員に招かれるなど、国内外での演奏活動だけでなく教育活動にも積極的に取り組んでいる。所沢ミューズ第3代ホールオルガニストを経て、現在は同ホールオルガンスクールで講師を務めるほか、東京藝術大学研究教育助手、明治学院非常勤オルガニスト、アトリエ・バロック・オルガン教室講師。
www.amihoyano.com

語り:大山大輔

東京藝術大学首席卒業。同大学院修士課程オペラ専攻修了。2008年に兵庫県立芸術文化センター『メリー・ウィドウ』のダニロで鮮烈なデビューを飾って以降、多くのオペラ上演で活躍。特に“井上道義×野田秀樹”による『フィガロの結婚』フィガ郎(フィガロ)や、手塚治虫原作・宮川彬良作曲オペラ『ブラック・ジャック』タイトルロール、異彩を放つシアターピースとして知られるバーンスタイン『ミサ』でのセレブラントなど、独自性の強い作品での主役として圧倒的な存在感を示している。また古楽や宗教曲においてもコンサート・ソリストを務めるほか、役者として演劇作品にも多数出演。劇団四季ミュージカル『オペラ座の怪人』ではタイトルロールとして客演するなど幅広い活躍を見せており、その多彩な経験と独自の表現力から、台本執筆、MC・ナレーション、歌唱・演技指導にも定評がある。洗足学園音楽大学ミュージカルコース・声楽コース講師、カクシンハン・スタジオ(演劇研修所)講師。

入場料
指定1,500円 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

午後のセット券4,000円
*大ホールでの3公演と「大人のためのオルガンの時間」(ブルーローズ、17:15開始)がセットになったおトクなセット券です。
 大ホール3公演:「真夏に響くパイプの歌声」13:30開演/「躍動するオルガン」16:00開演/「バッハへのオマージュ」18:30開演
*サントリーホールチケットセンターにて、6月1日(月)11:00から電話・窓口でお取り扱いいたします。

サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:2020年5月16日(土)10時~22日(金)

一般発売:2020年5月23日(土)10時~
主催
サントリーホール
  • ※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
  • ※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
  • ※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。
    お問い合わせ先にてご確認ください。
  • ※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
  • ※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。