公演スケジュール

  • 主催公演
  • ENJOY!MUSICプログラム

ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2019
ウィーン・フィル奏者によるマスタークラス
<テューバ>

日時
2019年11月12日(火) 19:00開始(18:30開場)
会場
ブルーローズ(小ホール)

チケット購入はこちら

出演
講師:パウル・ハルヴァックス
(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ソロ・テューバ奏者)
受講曲・受講生
■ベルリオーズ:『幻想交響曲』 作品14 より 第4楽章、第5楽章
■ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調 WAB 104「ロマンティック」より 第4楽章
■マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」より 第3楽章
 受講生:金鍾燁(東京藝術大学大学院音楽研究科1年)

■ワーグナー:舞台祝祭劇『ニーベルングの指環』WWV 86 より 
■プロコフィエフ:交響曲第5番 変ロ長調 作品100 より
■プロコフィエフ:バレエ音楽『ロメオとジュリエット』より
 受講生:山本昂生(東京藝術大学音楽学部器楽科卒業)
出演者プロフィール
テューバ:パウル・ハルヴァックス

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団およびウィーン国立歌劇場管弦楽団のソロ・テューバ奏者であり、ウィーン・フィルに歴代最年少で入団を認められたテューバ奏者である。「アンサンブル“11”」および「ウィーン・ブラス・アンサンブル」のメンバー。また「フィル・ブレッヒ・ウィーン」の創立メンバーであり、ドイツ・グラモフォンで  2枚のアルバムを録音している。
現在、ドイツ・デトモルト音楽大学およびウィーン私立音楽芸術大学で教授を務める。またドイツの有名テューバ・メーカーであるメルトン・マイネル・ウェストンのオフィシャル・アンバサダーを務めており、自身の特別モデルのデザインや開発にも携わる。ウィーン・フィルでは楽団の自主運営にも積極的に参画し、2014年9月より ウィーン・フィルの舞踏会のオーガナイザーも務めている。

聴講
自由1,000円 ※通訳付
(7月25日一般発売)

サントリーホール・メンバーズ・クラブ先行発売:7月23日(火)10時~24日(水)
※先行期間中は窓口での販売はございません。

※受講応募要項は、本ページ内「関連リンク 受講生募集要項・申込書」をご覧ください。
主催
サントリーホール
後援
オーストリア大使館/日本ユーフォニアム・テューバ協会
  • ※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
  • ※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
  • ※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。
    お問い合わせ先にてご確認ください。
  • ※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
  • ※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。