English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2018年9月13日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
会場
大ホール
シリーズ公演はこちら
2018年10月4日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年11月8日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年12月21日(金)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2019年1月24日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2019年2月28日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2019年3月28日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:徳岡めぐみ
曲目
J. S. バッハ:幻想曲とフーガ ト短調 BWV 542 
アラン:『小品』 
デュリュフレ:『アランの名による前奏曲とフーガ』作品7
出演者プロフィール
オルガン:徳岡めぐみ

東京藝術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院音楽研究科修了。安宅賞受賞。ドイツ国立ハンブルク音楽大学卒業。2001年アルクマール(オランダ)のシュニットガー国際オルガンコンクールで優勝、聴衆者賞受賞。同年、ハンブルク音楽大学でDAAD賞を受賞、受賞記念コンサートをハンブルクの聖ヤコビ教会で開催。02年北ドイツ放送(NDR)音楽賞国際オルガンコンクールで第2位受賞。近年、能楽やプロジェクション・マッピングとのコラボレーションでコンサートを行うなど、オルガンの新たな可能性を模索している。現在、豊田市コンサートホールオルガニスト、東京藝術大学および東京音楽大学講師、片倉キリストの教会および国際基督教大学オルガニスト。CD『シューマン・ブラームス オルガン作品集』、『ブクステフーデの芸術 オルガン作品集』などをリリース。

聴きどころ
~出演者メッセージ~

 J. S. バッハのオルガン作品を代表する傑作のひとつ、『幻想曲とフーガ ト短調』は、北ドイツの豊かなオルガンの響きと華やかなオルガン音楽に大きく影響を受けて書かれた、若かりし情熱あふれる作品です。フーガは有名な「小フーガ」(ト短調 BWV 578)と比較して「大フーガ」と呼ばれるだけあって、演奏者に大きな集中力が求められますが、それだけにバッハの偉大さが強く感じられます。
 夭逝の作曲家アランの『小品』は、多くの作品をスケッチとして残していた中の一つで、妹のマリー゠クレールや家族が「Petite pièce(小品)」と呼んでいたところから、そのまま曲名になったものです。短い作品ながら、アラン独特の世界観が匂うような美しさをもっています。
 フランス近代の作曲家デュリュフレの『アランの名による前奏曲とフーガ』は、バッハのような「前奏曲とフーガ」というドイツ・バロックの形式を用いているものの、色彩的でグレゴリオ聖歌を思わせる流れるような音楽は全くフランス的です。いずれの主題にも、アラン(Alain)の名前を、ある法則に従って音名に変換した「ラ-レ-ラ-ラ-ファ」が用いられ、前奏曲の終わりにはアランの『リタニー(連祷)』の旋律が歌われます。
(徳岡めぐみ)

入場 
無料  
※就学前の小さなお子様をお連れの方は、ブルーローズ(小ホール)の大型スクリーンでご鑑賞いただけます。
主催
サントリーホール
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
  • ※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
  • ※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
  • ※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。お問い合わせ先にてご確認ください。
  • ※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
  • ※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。