English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2018年4月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
会場
大ホール
シリーズ公演はこちら
2018年5月17日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年6月14日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年7月12日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年9月13日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年10月4日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年11月8日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年12月21日(金)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2019年1月24日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2019年2月28日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2019年3月28日(木)12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:モニカ・メルツォーヴァ
曲目
J. S. バッハ:前奏曲とフーガ ホ長調 BWV 566
フォーレ/ロビヤール編曲:組曲『ペレアスとメリザンド』作品80 より「前奏曲」
モニカ・メルツォーヴァ:日本の名歌による即興演奏
ヴィエルヌ:『幻想曲集』第3巻 作品54 より「ウェストミンスターの鐘」
出演者プロフィール
オルガン:モニカ・メルツォーヴァ

スロヴァキア出身。ウィーン国立音楽大学で修士号を取得、パリ国立高等音楽院の専門課程に学ぶ。また奨学金を受けリヨン国立高等音楽院の即興のクラスで研鑽を積む。1997年、ブリュージュ音楽祭で名誉ディプロマ、ツィリナ音楽祭で聴衆賞、2000年、リスボンのユネスコ・コンクールで特別賞を受賞。02年、第5代札幌コンサートホール専属オルガニストに就任。以来、日本国内での演奏会にたびたび出演しているほか、札幌でオルガンマスタークラスの指導も継続して行っている。ヨーロッパの様々な国でも演奏活動を行っており、パリのノートルダム大聖堂、マドレーヌ寺院、リスボンのセ大聖堂、グラナダの王室礼拝堂などで演奏している。後進の指導にもあたっており、08年よりサン・セバスティアン音楽院の即興クラスを担当している。また、12年にはフランスのシャルトル国際オルガンコンクールに審査員として招かれた。

聴きどころ
~出演者メッセージ~

 華々しい作品である前奏曲とフーガ ホ長調は、おそらく、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが1703年から07年まで暮らしたアルンシュタットの住宅で書かれました(今日紛失してしまった手稿譜のいくつかの写譜では「トッカータ」とも題されています)。バッハはこの曲を中全音律で演奏できるようハ長調にも移調しています。この作品は「スティルス・ファンタスティクス(幻想様式)」の巨匠たちの影響を受けており、前奏曲とフーガの2部分からなる単純なものとはまるで異なり、5つの部分からできています。北ドイツ・オルガン楽派を彷彿とさせる軽やかさと力強さに満ちた前奏の後、イタリア協奏曲風の第1フーガと、北ドイツ風の超絶技巧による経過部が続き、終わりには付点音符のテーマをもつ第2フーガがファンファーレのように響きます。
 ガブリエル・フォーレは、メーテルリンクの戯曲『ペレアスとメリザンド』のロンドン上演のために、1898年に付随音楽を書き上げました。管弦楽組曲版は、その付随音楽から派生したものです。お聴き頂く「前奏曲」は、2つの主題に基づいています。第1主題は、旋律が大きく跳躍することなく、狭い音域の中でしっかりと制限されています。フランスの著名なオルガニストであるルイ・ロビヤールが手掛けた素晴らしいオルガン編曲版が、2015年にドゥラトゥール社より出版されました。
 また、サントリーホールのお客様に、いくつかの日本の名歌による即興演奏をお届けするのをとても嬉しく思います。これまでに私は何度もこの素晴らしいホールで演奏する機会を頂きました。ぜひ、私の音色の提案をお楽しみいただければ幸いです。
 最後に、ウェストミンスターの鐘に触発されて生まれた、ルイ・ヴィエルヌの魅力的な作品を演奏します。これは、4つの組曲からなる『幻想曲集』の第3組曲として1927年に作曲され、パリ・ノートルダム大聖堂でヴィエルヌ自身によって1929年11月29日に初演されました。広く親しまれるこの作品をもって、オルガン音楽に祝意を表し、本日のプログラムを締めくくりたいと思います。
(モニカ・メルツォーヴァ)

入場
無料
※就学前の小さなお子様をお連れの方は、ブルーローズ(小ホール)の大型スクリーンでご鑑賞いただけます。
主催
サントリーホール
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
  • ※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
  • ※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
  • ※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。お問い合わせ先にてご確認ください。
  • ※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
  • ※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。