English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2018年1月25日(木) 12:15〜12:45(12:00開場)
会場
大ホール
シリーズ公演はこちら
2018年2月15日(木) 12:15〜12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年3月8日(木) 12:15〜12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:大木麻理 
曲目
J. S.バッハ:幻想曲とフーガ ト短調 BWV 542
J. S.バッハ/ヴェルナー・スパニョール編曲:『音楽の捧げ物』BWV 1079より アンダンテ
J. S.バッハ/アルノ・ランドマン編曲:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV 1004 より シャコンヌ
出演者プロフィール
オルガン:大木麻理

東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了、修了時に大学院アカンサス音楽賞受賞。DAAD、ポセール財団の奨学金を得てリューベック国立音楽大学、デトモルト音楽大学に留学し、満場一致の最優等で国家演奏家資格を得て卒業。第13回「静岡の名手たち」受賞、マインツ国際オルガンコンクール第2位、第3回ブクステフーデ国際オルガンコンクール優勝、第65回「プラハの春」国際音楽コンクール第3位、併せてチェコ音楽財団特別賞受賞。2018年1月、Naxos JapanよりCD『Erinnerung エリンネルング〜オルガン音楽・300年の伝統』をリリース予定。18年度からミューザ川崎シンフォニーホール・オルガニストへの就任が決定している。東京藝術大学教育研究助手、神戸女学院大学非常勤講師、聖グレゴリオの家講師、日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。
http://mariohki.com

聴きどころ
〜出演者メッセージ〜

  私がこのシリーズで演奏をさせていただくのは今回で3回目となりますが、実は前回の2016年11月24日は50年ぶりの大雪が関東を襲い、11月では観測史上初の積雪を記録した日でありました。朝から「本日の外出はお控えください」との報道がなされ、何とも絶望的な気持ちになったことを覚えています。
 それでもコンサートは(無事に?!)開催され、悪天候の中を沢山のお客様にご来場いただきました。この時ほど一人一人のお客様の大切さを実感したことはありません。“雨女”を通り越し“雪女”とまで言われた私ですが、当日の天候はいかに……。
 さて当日みなさまにお聴きいただくのは、音楽の父J. S. バッハの音楽です。オルガンのオリジナル作品はもちろんのこと、本来他の楽器のために書かれた作品のオルガン編曲版も演奏いたします。
 全面的なオーバーホールと整音を終えたばかりのサントリーホールの大オルガンがどのように鳴り響き、バッハの音楽を奏でるのか。私自身もこのオルガンの新しい顔に出会うのがとても楽しみです!
(大木麻理)

入場
無料  
※就学前の小さなお子様をお連れの方は、ブルーローズ(小ホール)の大型スクリーンでご鑑賞いただけます。
主催
サントリーホール

平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
  • ※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
  • ※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
  • ※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。お問い合わせ先にてご確認ください。
  • ※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
  • ※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。