English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2017年12月21日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
会場
大ホール
シリーズ公演はこちら
2018年1月25日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年2月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
2018年3月8日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:永瀬真紀
カウンターテナー:上杉清仁
曲目
J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ト長調 BWV 541
グノー:『アヴェ・マリア』
J.S.バッハ:『甘き喜びのうちに』BWV 608, BWV 729
J.S.バッハ:『クリスマス・オラトリオ』BWV 248よりアリア「眠れ いとしい子よ」
ウィルコックス:「あめにはさかえ」による後奏曲
出演者プロフィール
オルガン:永瀬真紀

東京藝術大学音楽学部器楽科オルガン専攻卒業。バーゼル音楽院オルガン科を最優等で卒業。これまでにオルガンを三浦はつみ、早島万紀子、今井奈緒子、ギィ・ボヴェに、即興演奏をルドルフ・ルッツに師事。スイス・マガディーノ国際オルガンコンクール第3位、ならびに聴衆賞を受賞。現在、立教新座中学校・高等学校オルガニスト、女子学院中学校・高等学校オルガニスト、同非常勤講師。カトリック目黒教会オルガニスト。

カウンターテナー:上杉清仁

高知県出身。東京藝術大学大学院修士課程、博士後期課程を修了し博士号(音楽)を取得。スイスのバーゼル音楽大学、スコラ・カントルムに留学し、ゲルト・テュルク、アンドレアス・ショルのもとで研鑽を積む。その色彩豊かで柔らかい美声と確実なテクスト解釈による多彩な表現には定評があり、日本を代表する実力派歌手として活躍している。声楽アンサンブル「ラ・フォンテヴェルデ」メンバー。桜美林大学芸術文化学群講師。

聴きどころ
出演者メッセージ

 もうすぐクリスマスですね。12月のプロムナードコンサートは、素敵な共演者、カウンターテナーの上杉清仁さんをお迎えしています。今回のプログラムはJ.S.バッハの『クリスマス・オラトリオ』からアリア「眠れ いとしい子よ」を中心に、バッハのオルガン曲、そしてクリスマスにちなんだ作品を選びました。
 快活で生気に満ちている前奏曲とフーガ ト長調、心に沁みわたる旋律でおなじみのグノーの『アヴェ・マリア』は上杉さんの歌声とともに演奏いたします。『甘き喜びのうちに』は、クリスマスに歌われるコラール(讃美歌)です。バッハはこのコラールの旋律を用いて異なった手法で作曲しています。BWV 608はソプラノの旋律と、ペダルの旋律がカノンになっているものです。一方、BWV 729はコラールの各節の間に、即興的な要素が挟まれた、自由で華やかな作品です。アリア「眠れ いとしい子よ」は飼い葉桶の中で眠る救い主イエスの誕生を喜ぶさまが描かれています。最後はクリスマスの有名な讃美歌である、「あめにはさかえ」の旋律を用いた輝かしく壮麗なポストリュード(後奏曲)です。
 年末の慌ただしい時期ですが、美しい上杉さんの歌声と、リニューアルされたサントリーホールのオルガンを通してクリスマスの気分を味わっていただけましたら幸いです。
(永瀬真紀)

入場
無料  
※就学前の小さなお子様をお連れの方は、ブルーローズ(小ホール)の大型スクリーンでご鑑賞いただけます。
主催
サントリーホール
協賛
平成29年度劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
  • ※公演情報は、曲目・出演者・開演時間等に変更のある場合がございます。
  • ※就学前のお子様の同伴・入場は、特別な公演を除きご遠慮いただいております。
  • ※チケットは、サントリーホールチケットセンターにおいて販売が終了していても、主催元等でご用意できる場合がございます。お問い合わせ先にてご確認ください。
  • ※チケットの購入方法により、販売期間が異なる場合がございます。
  • ※サントリーホールチケットセンターでの取り扱いがない公演もございます。
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。